早期退職夫婦の2月度の家計簿。月15万円生活は実行できたか?

 

こんにちは。たかです。

早いもので、2月も終わってしまいました。

年を取ると、年月の流れが早く感じます。

さて、今日は、2月度の家計簿をご紹介したいと思います。

僕のライフプランでは、月15万円以内で生活することにしています。

まあ、このくらいで生きていけるのなら、公的年金と生命保険の解約金でなんとかなりそうです。

では、早速、書いてみたいと思います。

2月はこんな感じでした

・食費:26,981円

・生活雑貨:8,587円

・娯楽費:5,172円

・被服費:3,240円

・医療費:3,774円

・通信費:11,010円

・慶弔費:0円

・光熱費:24,534円

・帰省費:2,380円

・ガソリン代:4,000円

・その他:4,442円

合計すると、約95,000円になります。

ん~、2月は、かなり節約できましたかね。

っていうか、2月は28日しかないので、そのことが、生活費が少なくなった要因かもしれません。

光熱費が高い・・・

我が家の場合、家族3人なんですが、光熱費が高いような・・・

そんな気がしています。

そこで、妻が始めたこととは・・・

『ガス代の節約』です。

といっても、たいした事はしていません。

単に、給湯温度を下げただけです。

食器洗いなどの時は、温度を下げ、シャワーやお風呂の時は、温度を上げています。

これで、ガス代が安くなるかどうか分かりませんがね。

これからは、暖かくなるので、ガス代も安くなります。

はやく、春になってほしいものです。

最後に

今月は、かなりの出費になる予定です・・・

なぜか?

それは、『娘の就職準備』のためです。

とりあえず、勤め先の寮に入ることになりました。

でも、寮といっても、何にも設備がありません。

エアコン・冷蔵庫・洗濯機・照明などなど、かなり準備をしないといけないようです。

ザックリ、20万円近くはかかるかもですね・・・

それに加えて、1か月分の生活費くらいは、渡しておかないといけないでしょうからね。

まあ、これが最後の教育費かな?

そう思っております。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。