朝起きたら憂鬱な気分だった。その理由とは。

 

こんにちは。たかです。

僕は、先月20日を最後に、会社に行っていません。

そうなんです。

49歳で、会社を早期退職しました。

お金はそんなにありませんが、辞めてしまいました。

ですが、後悔はいまのところ、まったくありません。

会社を辞めてから、今日の朝まで、憂鬱な気分になることは、全然ありませんでした。

こんな経験って、生まれて初めてかもしれません。

ですが・・・

今朝、起きた瞬間、『あ~、なんか憂鬱』って感じたんです。

仕事をしていた時に感じていた、あのイヤな感じです。

なぜか?

会社に行かなきゃ!

今朝、起きた瞬間、思ったのがこれです。

『あ~、会社に行かなきゃ!やだなぁ~』って。

完全に寝ぼけてますね。

最悪の朝を迎えたわけです。

でも、5秒後には、『んっ、あっ、会社辞めたんだった。行かなくっていいんだ。良かった~』ってなりましたけど。

一気に爽快感に変わりました。

でも、なんでそんな寝起きになったんでしょう?


寝不足だった

実は、先日の夜に釣りに行ったので、ちょっと、寝不足になっていました。

会社を辞めてから、寝不足になったことがありません。

信じられないような生活をしていたんです。

寝るのは、遅くても23時、早ければ21時には、お布団の中にいました。

朝は、6時に起床。

これは、常に同じです。

妻がアルバイトに行きますので、『ぐ~すか』寝ているわけいきませんからね。

こんな生活をしていたので、寝不足なんかなりません。

ですが、今朝は少し寝不足気味だったので、『サラリーマン時代』を思い出したのかもしれません。

仕事をしていた時は、常に、寝不足でしたからね・・・

26年間、毎朝感じていたあの感覚は、忘れるまでに時間がかかりそうです。

絶対に雇われには戻りたくない

朝っぱらから、『あ~、会社行かないかん。イヤやなぁ』って感じるのは御免です。

ホントに、人生損している感じがします。

なんとか、少しでもいいんで、自分でお金が稼げるようになりたいと思っています。

生きていけるだけのお金があれば、あとは自由に生きることが出来ます。

これこそ、最大の幸せだと感じています。

最後に

今は、朝おきてから、とっても体も頭もスッキリしています。

『今日は、何しようかな?』って、予定が無いのが良いです。

僕は、サラリーマン時代から、手帳に予定がギッシリになると、うつ気味になっていましたので・・・

『今日は、何にも予定がない!』

これが、僕にとって、一番いい状態です。

そして、明るく・楽しく・優しく・感謝して生き続けたいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。