50代の無貯蓄世帯って3割らしい。教育費とマイホームにいくらかかるのか?

 

こんにちは。たかです。

今日も、これといってやることも無いので、ネットをウロウロしていました。

そしたら、ホントに?って思う記事を見つけてしまいました。

それは、『50代の約3割が「貯蓄ゼロ」世帯…日本人が貧しくなったワケ』です。

貧しくなったワケは、あまり興味なかったんですが・・・

いまさら、そんなこと分かっても、もう手遅れですから。

50代の無貯蓄世帯は31.8%

この数字は、金融広報中央委員会による「家計の金融動向に関する世論調査」によるものみたいです。

信じていいのかどうか分かりませんが・・・

これが真実なら、ちょっと、怖い気もします。

ですが、まだ、50代ですので、退職金が入っていません。

60代になれば、無貯蓄世帯は少なくなるでしょうね。

では、何にお金がかかるのか?

特に、30代、40代の方は、知っておいた方がいいですよね。

教育費はいくらかかる?

すべて、公立の学校に進学した場合、『約540万円』だそうです。

では、すべて、私立に進学した場合はどうでしょう。

なんと、『約1770万円』だそうですよ。

しかも、この数字って、『大学』は入っていません。

幼稚園から高校までの進学にかかる費用みたいです。

私立理系の大学で、アパートを借りたりしたら、さらに1000万円は必要でしょうね。

もし、大学まで私立に進学したら、子供一人当たり、最高で約3000万円ですよ~。

あっ、ちなみに、この数字は、「文部科学省 子供の学習費調査 平成28年度」から引用されているみたいです。

日本の高学費をどうするか [ 田中昌人 ]

価格:2,376円
(2019/4/19 11:06時点)

マイホームにはいくらかかる?

では、家を買うには、どのくらい必要なんでしょうか?

この数字は、「フラット35利用者調査報告 2017年度」から引用されています。

結果は・・・

平均で、『3359万円』だそうです・・・

こんなにかかるんですね。

子供2人でマイホームを買ったら

我が家もそうなんですが、子供2人でマイホームがあります。

よくありがちな、家庭かもしれません。

もし、マイホームを買って、子供が2人とも私立大学に進学したら、『約9000万円』です。

もう、『1億円』ですよ・・・

生涯年収の半分くらいは、子供と家で持って行かれますね。

仮に、都心部に家を購入したら、こんなもんじゃ済みません。

最後に

これから、マイホームの購入を検討されている方は、よく考えたほうがいいですね。

意外と、子供たちにお金がかかるってことも頭に入れて。

我が家は、家は僕の実家に住み、子供たちは大学に行かなかった。

そして、妻に働いてもらった(妻よ、ごめんなさいね)

なので、かなり、お金が浮いたんだと思います。

それでも、そんなに、貯金ありませんからね・・・

ちょっと、気になった記事だったので書いてみました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。