やっと娘が帰った。さみしいけどうれしい。ひとりの時間は大事です。

 

こんにちは。たかです。

昨日、やっと娘が専門学校の寮に戻っていきました。

学校が休校になってから、ずっと家にいましたので、かれこれ、3か月はいっしょにいたことになります。

よーく考えてみると、そんな長い時間、一緒にいたのって、無かったんじゃないか?

まだ、娘が小さい時は、僕は仕事をしていました。

平日に子供たちの顔を見ることなんて、ありませんでしたからね。

僕が朝起きても、子供たちは、まだ寝てますし、夜家に帰っても、もう寝ています。

なので、毎日、娘と顔を会わせ、会話をしたのって初めてかも。

しかも、一緒に夕ご飯を食べるなんて・・・

ちょっと、さみしい

3か月も一緒にいた子供がいなくなると、ちょっと、さみしくなりますね。

娘の道具で散らかっていた洗面台もきれいになりました。

娘がいた部屋もきれいになりましたしね。

こういった光景を見ると、『あ~、いなくなったんだなぁ・・・』なんて思ってしまいます。

いちばん、さみしいのは、なんといっても、娘の声が聞こえません。

ん・・・仕事をしていた時は、こんなこと考えもしなかったのにな・・・

僕も、年を取ったんだろうか・・・

うれしいこともある

ですが、さみしいだけじゃないんです。

反面、うれしいこともあります。

それは・・・

『ひとりの時間が出来た!』ってことです。

娘と同じ部屋にいたわけじゃないんですが、やっぱり、家の中に誰かいるだけで、なんだか気になります。

完全にひとりってわけじゃありませんからね。

ですが、今日は、完全にひとりです。

母は、杖を突きながら、散歩に出かけましたので。

母が戻って来るまでの約1時間くらいが、僕にとって、もっとも楽しい時間です。

何をするわけでも無いんですが、ただ、ぼーっとしているだけでも、幸せなんですよね。

ひとりの時間は考える時間

ひとりになって、ぼーっとしていると、いろんなことが浮かんできます。

『これから先、どうなるんだろうか?』

『僕は、何をしたいんだろうか?』

『お金、大丈夫かな?』などなど。

いろんなことを毎日、考えることが出来ます。

ほとんどの場合、ただ、ぼーっと考えるだけで、何も前に進みません。

何か、新しいことを始めたりもしませんし・・・

ですが、この時間って、大事なんじゃないかな・・・って思うんですよね。

サラリーマン時代って、こんな時間もありませんでしたし、あったとしても、仕事のことしか浮かんできません。

それでは、ダメなんですよね。

結局、ずっと、仕事のことばかりになってしまいますから。

あやうく一生懸命生きるところだった

新品価格
¥1,585から
(2020/6/8 11:18時点)

最後に

会社を辞めて、やっと、完全に仕事から離れることが出来たと思います。

僕の場合、どんなに長期の休みでも、仕事のことが頭から離れませんでした。

なので、体は休めても、頭と心は休めなかったんですね・・・

やっと、完全に休めるようになりました。

そして、自分だけの時間を持てるようになりました。

ひとりだけの時間です。

仕事から解放され、ひとりの時間を持つことが出来る。

これが、僕にとっては、いちばんの幸せなのかも。

娘がいなくなって、さみしい思いはありますが、逆に、幸せな時間が戻ってきたような気がします。

これからも、この時間を大切に、生きていきたいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。