財政検証の結果から、どのくらい貯蓄があったらいいの?

 

こんにちは。たかです。

昨日、厚生労働省から、財政検証結果が発表されたみたいですね。

Yahooニュースなんかみていると、いろんな記事が出ているんですが、読んでも意味が分かりません。

年金額は、増えるのか?減るのか?

それによって、生活はどうなるのか?

おそらく、僕の理解能力が低いからだと思いますが。(あたまがわるい・・・)

どの記事も、『所得代替率が○○%になる』って書いてありますが、その意味が分かりません。

みなさん、どういうことか分かりますか?

2047年には所得代替率50.8%

あと28年後には、所得代替率が、50.8%になるんだそうです。

所得代替率とは、年金額が、現役世代の手取り収入額(ボーナス込み)と比較して、どのくらいの割合かを示すものなんだそうです。

それが、今は、61.7%らしいですが、50.8%になるってことですね。

だから、何なんだ??

今は、現役の平均手取り月額は35万7000円らしく、年金額は22万円なんだそうです。

試算では、2048年の現役の平均手取りは月47万2000円になるらしいですが、年金は24万円にしかならないそうです。

収入は32%ほど上がっているんですが、年金額は10%弱しか上がっていません。

これって、どう考えたらいいんでしょうか?

年金では足りない?

仮に、2048年になった時、普通に生活するのに、47万円ほどかかるようになるんでしょうか?

それなのに、年金が24万円しかもらえないのであれば、月の不足額は23万円にもなります。

年間にすれば、276万円も足りません。

仮に、70歳から年金受給を開始して、90歳まで生きたとします。

20年間、年金暮らしをしないといけませんので、276万円×20年=5,520万円足りないことになります。

ん~、絶対に僕の考え方、間違ってますよね・・・

知りたいことは貯蓄はいくら必要なのか?

数か月前、『2000万円不足問題』が勃発しました。

いきなり、こんな事を言われても、どうしようありません。

ですが、事前に不足額を提示しておけば、対策も出来たんじゃないでしょうか?

『年金100年安心』とか、思わせぶりなことを言うから、大変なことになるんです。

ですので、正直に言った方が、国民の為だと思います。

今のうちに、『年金額は、○○年後、相対的に○○%減少します。なので、○○円不足します!』って。

最後に

財政検証の見方がよく分かってないのに、書いてしまいました・・・

すみません。

また、いろいろ情報が入ってくると思いますので、その時に、改めて感じたことを書きたいと思います。

唯一、僕が理解できたのは、経済成長しないと、積立金は無くなるってことですね。

でも・・・

人口減少、高齢化・・・

これで、経済成長って出来るんですかね?

僕みたいな、働かない人間もいるわけですし・・・

これからの日本が心配になってきました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

人生100年時代の年金戦略 [ 田村 正之 ]

価格:1,512円
(2019/8/27 21:21時点)