初めてハローワークに行きました。失業保険をもらうには関門がある。

 

こんにちは。たかです。

昨日、離職票が届きましたので、今日、ハローワークに行ってきました。

人生初です。

4月だからなのか、とにかく、人でごった返していました・・・

椅子も空いていませんし、名前を呼ばれるのを、立って待っている人が多かったです。

さて、今日、1日の出来事を書いておきたいと思います。

まずは、受付

ハローワークに行ったら、『失業給付申請の方はこちら』みたいな看板が出ていましたので、それに従って、行ってみました。

そしたら・・・

長蛇の列が出来ていましたね。

なのに、受付の人は、2人だけ。

もうちょっと、増やしてくれたらなぁ~、なんて思いながら、10分ほど待ちました。

受付に行くと、『離職票を確認しますね!』って、感じのいい対応でした。

書類を一通り確認したあと、『求職申込書』と『雇用保険受給資格の決定に関する確認書』の記入を指示されました。

『雇用保険受給資格の決定に関する確認書』は、『はい』、『いいえ』で答えるだけなので、簡単でした。

ですが、『求職申込書』はちょっと、時間かかりました。

内容は、『就職に対する希望』、『学歴や資格など』、『経験した仕事内容など』でした。

まあ、適当に書いていても、あまり、影響はないような気もします。

これらの書類を書いたら、そのまま、お次へ。

求職の申込

さっきの、『求職申込書』と『雇用保険受給資格の決定に関する確認書』をもって、求職の申し込みになります。

これは、自分の就職に対する希望などが、ハローワークに登録されるだけです。

特に、何もすることは、ありませんでした。

そこで、ハローワークカードをもらうんですが、それに求職番号が書いてあります。

この番号が無いと、ハローワークのインターネットサービスでの求人の検索が出来ないみたいです。

これが、終わると、お次は・・・

本人確認・振り込み先確認

ここで、本人確認と失業保険の振込先の確認をされました。

免許証と銀行の通帳を出したら、終わりです。

最後に、『雇用保険の失業給付受給資格者のしおり』をくれます。

そこに、次にハローワークに来る日が記載されています。

僕の場合は、5月17日でした。

だいぶ、先ですね。

今度は、『雇用保険説明会』のようです。

約2時間ほどのレクチャーがあるみたいです。

持って行くものは、『雇用保険の失業給付受給資格者のしおり』と『筆記用具』のようです。

ちゃんと、聞いておいた方が良さそうですね。

これで、今日の手続きは終わりでした。

簡単でした。

所要時間は、約1時間でしたね。

最後に

最後のところで、少しだけですが、『求職活動』について、お話がありました。

失業保険をもらうには、月に2回の求職活動が必要になります。

なんか、これが、面倒みたいですね~。

求職活動とは、『求人への応募』、『職業相談』、『セミナー受講』、『資格の受験』が、メインみたいです。

僕は、おそらく、330日の失業保険がもらえますので、約1年間は、求職活動をしなければいけません。

なんか、大変そうです。

今後、どうやったら、うまく求職活動を乗り切れるかを、書いていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。