85歳の母親の貯金額を初めて知った。親の貯金額って知ってますか?

 

こんにちは。たかです。

現在、僕の母は、左ひじを骨折し、おまけに、肺炎まで患っております・・・

肺炎の方は、咳が出るくらいなので、たいした事ないんですがね。

薬を飲んで、だんだんと回復してきている最中です。

そんな母が、先日、こんなことを言って来ました。

『アタシが、いつ入院するか分からんから、通帳のある場所を教えておくね』だって。

ん?

ん?

どうしたんだ?

そんなことを言う母ではないんですがね・・・

どちらかと言えば、『あんたには、絶対、お金のことは教えん!』って感じなんですが。

もしかして、そろそろ、おむかえか。。。

そんなことが頭をよぎってしまいました。

そして、母の貯金通帳を見せてもらいました。

すると・・・

貯金額はいくら?

母が持っていた通帳は2つ。

ふたつの通帳の残高を合計してみたら・・・

なんと、約600万円。

僕の想像より、たくさん、持ってましたね。

とはいえ、今後、介護施設なんかに入るようになれば、このお金だけでは足りません。

となると、僕らが、足りない分を負担しないといけません。

すると、僕ら夫婦が破産するかも。。。

なので、出来る限り、元気に動いて、家で生活してもらえたらと思っています。

70歳以上の貯蓄額は?

金融広報中央委員会が公表する『家計の金融行動に関する世論調査』によると、70歳以上・2人以上の貯蓄平均額は2209万円なんだそうです。

しかし、金融資産非保有は18.3%もいるそうです。

70歳で資産がなかったら、不安ですよね。。。

でも、僕は、そうなる可能性大なんですが・・・

一方、3000万円以上の資産をお持ちの方は、22.1%もいるんだそうです。

ん・・・

大きな差が出てますね。

ちなみに、中央値は約1000万円くらいなので、僕の母は、標準って感じでしょうかね。

最後に

今回、初めて、母親の貯金額を知ることが出来ました。

でも、これって、大事なことですよね。

いざ、親に何か起こった時に、『お金のありかが分からない・・・』では困ってしまいます。

なので、親の資産が、『どこに、いくらあるのか?』くらいは、知っておいた方がいいですね。

と言っても、なかなか聞き出しにくいですよね・・・

『おまえは、親の財産をあてにしているのか!』なんて、言われそうですし。

とっても、難しい問題です。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。