子育て中の妻が書いた手紙を見つけた。なんにも出来なかった自分を反省

 

こんにちは。たかです。

昨日は、有給休暇をとって、単身赴任先の片づけをしておりました。

3月末で、会社を早期退職しますので、社宅を出ていかないといけません。

今の社宅には、4年、住んでいます。

4年も住んでいると、なんだかんだで、荷物が増えていますね。

3時間ほど、片づけをしたんですが、あんまり、進んでいません。

そんな中、1通の手紙を見つけました。

妻が、僕宛に書いた手紙です。

若いころは、僕は、仕事ばっかりで、妻と会話する時間は、ほとんど、ありませんでした。

なので、何か、僕に伝えたいことがあると、よく手紙を書いていたんです。

その中の1通が、残っていました。

どんな、内容だったか?

19年前のお話

その手紙は、19年前、まだ、長男が1歳半くらいの時のものです。

我が家の長男は、ホントに手がかかりまして・・・

小さい時から、グズってばかりで、手を焼きました。

『抱っこしてくれ』とか、『あっちに行ってくれ』だとか、わがままでしたね。

しかも、それが、四六時中なもんですから、妻は、大変だったと思います。

長女と比べると、愛情を欲しがるタイプだったのかもしれませんね。

そして、自己主張が強く、親の言う事は、まったく聞かない。

そんな子供でした。

その時の気持ちを、妻は、手紙で僕に、こう伝えていました。

『あたしが怒ってばかりで、スキンシップが足りないんだと分かるんだけど、出来ないんだよね』

『もっと、余裕をもって、冷静にならないとね・・』って。

この時の妻は、うつ状態に近かったと思います。

今、考えれば、『もっと、抱いてやればよかった』とか、『もっと、わがまま聞いてやればよかった』とか、思うんですが、その時は、一杯一杯だったんですね。

僕は何をしていたんだろう

こんなに妻が苦しんでいる時に、僕は、何をしてあげられたんだろう?

子育てを、妻にばかり、押し付けていなかっただろうか?

今となっては、反省しかできません。

その後、思春期になった長男は、いろいろと手がかかりました。

もう、母親では、コントロールできない状態までに・・・

その頃になって、やっと、僕は、子育てに参加したような気がします。

もっと早く、小さい時から、子育てに参加していたら、状況は変わっていたかもしれません。

終わってしまったことですが、ホントに、妻と子供たちには、申し訳なかったと思っています。

最後に

1通の手紙で、約20年前を思い出しました。

毎日、毎日、戦争のような日々でした。

僕は、ホントに大切な物が見えてなくて、『男は、仕事が出来ればいいんだ!』くらいの感じだったと思います。

家族という、一番、大切なものを、蔑ろにしていたんだと思います。

もう、同じ失敗は、したくありません。

これからは、心にゆとりをもって、妻や子供たちと、向き合いたいと思っています。

あちらさんは、『別に、向き合ってくれなくてもいい』って思ってるかもですが・・・

その為には、まず、僕自身が、幸せになっていなければいけません。

明るく・楽しく・優しく・感謝することを、実践しながら、子供たちにも、その大事さを伝えていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。