早期退職したら暇になる?幸せでしょ!

こんにちは。たかです。

昨日は、もういやだ!もう限界、会社やめたい。なんて記事を書いてしまいました。

むちゃくちゃな文章だったんで、削除しようかと思たんですが、『退職前には、こんなこと考えてたんだ』と記録を残しておくために、削除するのやめました。

僕の心の叫びを読んでいただいた方、本当にありがとうございます。

今日は、お天気も良く、営業することもなくブラブラといろんなことを考えていました。

早期退職することを母親に伝えた時に、こう言われたんです。

『あんた、仕事辞めてからボーとしとったら、すーぐ暇になるけん』って。

博多弁でこんな風に言われました。

???

暇になるのがそんな悪いことなのか?

僕には疑問でしたが、世間一般的には、『暇』ってやつは耐えられないそうですね。

ちなみに、僕は『暇』ってやつを感じたことが、ほとんどありません。

それなりに、楽しんで生きてます。

そこで、『暇』ってなんだろうと思って調べてみました。

国語辞典によると、『なすべきことの何もない時間』なんだそうです。

その他にも、いろいろ意味はあるようですが、母親がつかった『暇』は、この意味だろうと思います。

なるほど・・・なすべきことの何もない時間か・・・

それはそうですよね。早期退職すれば、なすべきことがないわけですから。

『暇』になるのは、当然ですし、『暇』にならなければ、早期退職した意味がありません。

ですが、もしかしたら、僕も『暇』になって苦痛を感じるかもしれませので、対策を考えてみました。


なすべきことを作る

『暇』の意味からすると、『なすべきこと』があれば暇にならないわけです。

だったら、なすべきことを作ればいいですよね。

そこで、一番大切なことは、『やりたくないことは、やらない!』だと思います。

このフレーズは、昨日さんざん書いたような気がします・・・

やりたいことや、やってもいいかな?って思うことをやればいいんだと思います。

僕の場合は、釣り・ブログ・パンつくり・野菜つくりでしょうか?

それだけでは、足りないような気がします。

ちょっと背伸びした目標設定

営業やってると、目標設定って言葉は、あまり好きではありません。

どうせ、届きもしない目標を設定されるわけですから・・・

ですが、退職後の目標は、ちょっとだけ頑張った目標を設定することができると思います。

たとえば、ブログは毎日更新、毎回違った釣り場で釣りをする、自分がおいしいと思うパンを作る、などなど。

数字で目標を作るんじゃなくて、行動面で目標をつくればいいんじゃないかなと思うんです。

あとは、粛々とやるだけですね。

こうすれば、少しは、なすべきことにスパイスが効いていいんじゃないでしょうか?


最後に

ん~、でも、なすべきことが無く、毎日その時にやりたいことをやるのが一番いいかもしれませんね。

やりたいことがなかったら、お昼寝でもお散歩でもしてればいいかも。

あ~~、暇だ。暇で死にそうだ・・・って、なってみたい。

そうなれたら、早期退職して幸せを掴んだ証拠かもしれません。

しょうもないことばっかりですみませんでした。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。