同期入社の友人に退職することを伝えてみた。反応は?

 

こんにちは。たかです。

昨日、同期入社の友人と、夕食を兼ねて、飲みに行ってきました。

新入社員研修の時から、仲の良かった同期です。

お互い、出世もせず、平サラリーマンをやっている同類です。

まだ、退職を口外することはいけないんですが、仲のいい同期なんで、早めに伝えておきました。

どんな反応だったか?

無反応・・・

意外と、反応ありませんでした。

『あっ、そうなんだぁ』って、感じでした。

あまりにも、反応が薄かったんで、『まさか、彼もやめるんじゃないか?』って、僕の頭をよぎりました。

そこで、聞いてみました。

『おまえも、辞めるんじゃないの?』って。

そしたら、『辞めれるわけないだろ。子供もいるのに。』

彼には、高校1年生の子供が1人いるんです。

おそらく、大学に進学するんでしょうから、のこり7年は、学費を稼がないといけない。

これが、彼が会社を辞めない理由でした。

当たり前のような気もします。

辞めれない訳では無い

ですが、よくよく聞いてみると、辞めれない訳では無さそうでした。

家は無いんですが、過去にマンションを購入してて、それを売っているみたいなんです。

その時に、かなりの利益が出たようです。

さらに、子供は1人。

そんなに、お金を使ったようではありません。

しかも、奥さんは、株なんかで、結構、資産を増やしているみたいです。

彼自身が所有している株も、かなりの数でした。

それだけでも、数千万はありそうです。

ハッキリ言って、今の僕なんかより、全然お金持ってましたね。

ん~、ちゃんと計算すれば、会社を辞めても生きていけそう・・・

ライフプランシートなんか作ってない

いろいろ聞いているうちに、分かったことがあります。

それは、彼は、ライフプランシートなど作っていない事です。

今、いくらお金があって、これから、どのくらい使うか?

これを作っていないので、どれだけお金が必要なのか?を理解していないんですね。

とっても、勿体ないなぁって思いましたね。

もしかしたら、今回の『早期退職優遇制度』を使って、辞めることが出来るかもしれないのに・・・

ただ、お金の不安があるから、会社に居続ける。

この選択肢しか、彼の中にはなかったんです。

最後に

ですが、もしかしたら、彼は会社で働くことに、満足しているのかもしれません。

それであれば、無理に会社を辞める必要はありませんよね。

しかしながら、僕の目からして、楽しそうに仕事をしているようには見えないし、あと何年、今の仕事があるか分からない。

こんな状況だったら、辞めるのも選択肢だと思うんですが・・・

ライフプランシートは作ったほうがいいですね。

漫然としたお金の心配が少なくなります。

そうすれば、将来の夢も描くことが出来そうです。

すみません。余計なお節介でした・・・

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。