世代別平均貯蓄額を見た。70歳になると2000万円以上持っている。

 

こんにちは。たかです。

世代別の平均貯蓄額を見ました。

これは、総務省が発表している『家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)』ってものです。

この家計調査は、『国民生活における家計収支の実態を明らかにする』ことを目的として、1946年7月以来、毎月実施されているらしいです。

すごい歴史がありますね。

では、現状を見てみたいと思います。

平均貯蓄額は?

2018年の平均貯蓄額は、なんと、1752万円なんだそうです。

みなさん、いかがですか?

どのくらいありますか?

まあ、これは、平均額ですから、べらぼうに持っている人がいれば、上がってしまいますよね。

では、中央値はどうか?

見てみると、中央値は1036万円なんだそうです。

ちなみに、貯蓄額が100万円未満は、何%くらい、いらっしゃると思いますか?

実は、全体の約11%が貯蓄額100万円未満なんです。

世代別の貯蓄額と負債額は?

40歳未満の貯蓄額は600万円、負債額は1248万円です。

この世代は、住宅ローンを組んだばかりの方もいらっしゃるかもですね。

お給料も、これから上がる時でしょうから、ちょっとガマンが必要な時ですかね。

40歳~49歳の貯蓄額は1012万円、負債額は1105万円になっています。

お給料も上がってきたり、住宅ローンも減ってきた頃でしょうか?

50歳~59歳の貯蓄額は1778万円、負債額は683万円になっています。

かなり、負債額が減ってきましたね。

ですが、子供の学費なんかが、ピークを迎える時期だと思います。

60歳~69歳の貯蓄額は2327万円、負債額は207万円みたいです。

もう、負債額が無くなってきましたね。

住宅ローンも終わって、一段落でしょうか?

あと、退職金も貰ってるでしょうから、貯蓄額としては、ピークかもしれませんね。

そして、最後の70歳以上ですが、貯蓄額は2249万円、負債額は104万円となっています。

70歳以上でも、2000万円以上のお金を持っているんですね・・・

僕のライフプランでは、70歳の時に、貯金は底をついております。

どうしようかな・・・

70歳で2000万円で大丈夫か?

総務省が出している家計調査によれば、60歳以上の夫婦の収入は、月に20万9000円らしいです。

一方、支出は、月に26万4000円なんだそうです。

その差額、5万5000円。

毎月、5万5000円が足りないってことですね。

必然的に、貯金から切り崩すことになります。

月の5万5000円ですから、年間66万円が、貯金から消えていきます。

では、30年生きてしまったら、いくら貯金から切り崩すのか・・・

66万円×30年=1980万円です。

ってことは、今の高齢の方は、なんとか、100歳まで生きれるってことですね。

まあ、年金が減らない事、インフレにならないことが、条件ですがね。

僕は年金だけで生きていく

さて、僕は、既に会社を辞めてしまいました。

ライフプランシートも作成しましたが、70歳までしか、貯金はもちません。

その後は、貯金0円で生きていくわけですが、今の状況では、かなり厳しいですね。

現在でも、年金だけでは生きていけないのに、20年後は、さらに難しくなっているでしょう。

やっぱり、早めに、なにか仕事に就いたほうがいいかもしれませんね。

最後に

目標は、あと20年間で、2000万円を稼ぐことですね。

そうすれば、70歳の時に、2000万円の貯金が出来ます。

ってことは、1年間で100万円稼げばいいことになります。

月にすれば、約8万円です。

毎月8万円を20年間稼ぎ続ける。

ん~、『雇われない働き方』で、何とかならないものか。

『雇われる働き方』はしたくない・・・

ホントに、僕は、あきらめが悪いですね。

ビールでも飲みながら、対策を考えたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。