50歳くらいで一度、仕事を辞めてみるのはいいことかも。思いを書いてみます。

 

こんにちは。たかです。

僕は、今月で会社を早期退職しました。

今は、完全なる無職者となってしまいました。

まだ退職してから、6日目なんですが、ゆっくりとした時間を過ごすことが出来ています。

サラリーマン時代にも、6連休なんかありました。

ですが、その時の6連休とは、感覚が全く違います。

サラリーマン時代は、頭のどこかに、仕事の事が残っています。

どんなに自分が大好きな趣味をやっていても、頭のどこかで、仕事の事を考えていたんです。

ところが、仕事を辞めてしまえば、一切、仕事の事は考えなくなりました。

当たり前かもしれませんが。

こんなに、ゆっくりとした時間を過ごしているのは、生まれて初めてかもしれません。

たとえば、学生時代って、必ず、次の進路が決まっていました。

中学を卒業すれば、高校が待っていましたし、大学を卒業すれば、会社が僕を待っていました。

今回、会社を卒業したら、僕を待っているものは、何もありません。

もう、自由なんです。

今までと、何が違うのか?

次があるって事は、僕の目の前にレールが既に、敷かれているわけです。

レールが敷かれていたら、走らなくてはいけません。

ですが、早期退職した僕の前には、レールはありません。

今まであったレールが、切れているんです。

そうです。

僕は、脱線しています。

ですが、この脱線が心地いいんです。

どこに行ってしまうのか?

僕にも分かりませんが、僕のやり方次第で、どの方向にでも進めます。

立ち止まる事だって出来るわけです。

走り続けなくっていいんです。

今、僕は、脱線して立ち止まっている状態です。

後ろを見ている

僕は今、49年間の人生を振り返っています。

特に、26年間働いた仕事について。

何をしたんだろうか?

これで良かったんだろうか?

なんで、悩んでいたんだろうか?

などなど。

こんな時間って、大切だと感じています。

立ち止まって、しゃがむこと

僕は、今回、自分の人生の中で、初めて立ち止まったような気がします。

ホントに、何にもしていません。

非生産的な毎日です。

ですが、こうやって立ち止まることは、次への活力になるような気がしています。

以前、こんなことを聞いたことがあります。

『高く飛ぶためには、一旦しゃがむこと』って。

人生においても、同じかもしれません。

最後に

人生の中で、50歳で一旦立ち止まるって事は、意義ある事じゃないかと感じています。

会社の中では、ひとそれぞれ、ポジションが出来ていると思います。

社内で出世した人もいるでしょうし、僕みたいにダメリーマンになっている人もいるでしょう。

もし、会社の中で、息苦しさや活力の無さを感じたならば、リタイアも検討する価値ありだと思います。

当然、むやみに勧めているわけではありません。

ですが、リタイア可能であるのに無理している場合は、思い切って飛び出してみるのも、一つの選択肢だと思うのです。

僕のブログを読んでいただいている方の中に、ホントに苦しんでいらっしゃる方がいます。

無理されないでほしい。

逃げることも、人生の中において大切なんです。

そして、新たなステージで、明るく・楽しく・優しく・感謝して生きることを目指すのも、いいんじゃないかと思います。

勝手なこと書いて、すみません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。