二日酔いを出来るだけ軽くする方法を書いてみます。実践済です。

 

こんにちは。たかです。

年末年始は、飲み会が多いんでしょうね。

僕は、忘年会とか新年会とか、あまり、好きでないので、出来るだけ行かないようにしてます。

お酒は大好きです。

しかも、空腹でお酒を飲むのが大好き。

満腹でお酒をのんでも、あまり、美味しく感じないんですよね・・・

よく、『酒飲み』って言われます。

そんな飲み方をしますので、僕の二日酔いは、半端じゃありません。

最近は、三日酔いになることもあります。

だいぶ、お酒が弱くなりましたかね・・・年のせいか。

こんな僕が、編み出した『二日酔い軽減策』をご紹介します。

『そんなの知ってるよ!』って言われるかもしれませんが、実戦してみてください。

きっと、違いが分かると思います。

飲みすぎない

当たり前ですね。

これが出来りゃ、苦労しません。

よ~く、分かります。

ですが、これが一番の方法です。

始めの1時間はゆっくり飲む

僕は、立ち上がりが早い飲み方だったので、誰よりも先に酔っ払っていました。

しかも、空腹で飲んでますので、余計に他の人より、酔いが早いんですね。

でも、その後の飲み方のペースは、他の人と変わりませんので、断然、二日酔いになるわけです。

『二日酔いになりたくないなぁ』って時は、始めをゆっくりスタートすれば、いいペースで飲めると思いますよ。

寝る前に水を飲む

みなさんも、家に帰ったら、水を飲んで寝ると思います。

どのくらい飲んでますか?

コップ1杯くらいですか?

僕は、500mlは最低でも、飲んで寝ます。

長時間、飲んだ時は、かなり体は脱水状態になっています。

飲み会の時に、何回、トイレに行きますか?

トイレに行く時って、『漏れる~!』っていうくらい、我慢してませんか?

その時って、200ml以上、おしっこしてますよね。

しかも、それを、飲み会中に、何回も繰り返しています。

コップ1杯の水の量って、200mlくらいです。

そんな量を飲んでも、全然、足りていません。

最低でも、500mlは飲まないと、水分補給できないはずです。

飲み終わって、水を500ml飲むのって、かなりしんどいですが、試してみてください。

少しは、次の日の朝、楽に感じますよ。

そもそも何で二日酔いになる?

簡単です。

肝臓が、お酒を分解出来ていないんです。

アルコールは、体にとっては毒です。

なので、肝臓が、アルコールを分解して、無毒にします。

ですが、飲みすぎると、肝臓がギブアップして、完璧に分解できないんですね。

少しずつ飲めば、肝臓もちゃんと、アルコールを分解してくれます。

でも、僕みたいに、空腹で大量に飲むと、一気に肝臓にアルコールが行ってしまうので、分解出来なくなるわけです。

これが、『二日酔い』になる原因です。

なぜ、水を飲めば楽になるのか?

飲み終わった後でも、体の中には、分解されていないアルコールが残っています。

そのアルコールを少しでも、ゆっくり、肝臓に行かせるためには、水を飲んで体液を増やせば良いわけです。

ゆっくり送られたアルコールは、肝臓で分解されるので、二日酔いになりにくいんです。

ですが、あまりにも大量に飲んだ場合は、既に手遅れです。

もう、『二日酔い』を覚悟しましょう!

最後に

二日酔いは、つらいですよね・・・

僕の場合、金曜日の夜に飲むと、100%二日酔いになります。

油断して、大量に飲んでしまうんですね。

最近は、気を付けています。

23時以降は、生ビールをすするように、ちょっとずつ、飲むようにしています。

なんか、貧乏くさいですけどね。

みなさんも、体を壊さない程度に、お酒を楽しんでくださいね。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。