自分が幸せになる金額が分かればいい。その額以上に稼ぐ必要はない。

 

こんにちは。たかです。

お金って、いくあればいいんですかね?

人それぞれかもしれません。

最近は、『年金だけでは生活できないから、2000万円を準備した方がいいよ!』みたいなコメントを、金融庁が発信してくれました。

まあ、お金って、あればあるだけいいんでしょうが、それでは、キリがありません。

ちなみに、僕の場合は、70歳で貯金が底をついてしまいます。

普通の人なら、かなり、不安になるかもしれません。

『70歳以降は、どうやって生きていくのか?』って。

僕は、死ぬほどつらい思いをしてまで、お金を稼ごうとは思いません。

とりあえず、70歳までしあわせに生きて、その後の事は、その時に考えようかと思っています。

そんな中、こんな記事を見ました。

『「就職はミドルリスクなギャンブル」プロギャンブラーがひとりで働くワケ』です。

なんだか、不思議なタイトルですが・・・

就職もギャンブル

この記事に登場する方は、プロのギャンブラーなんだそうです。

こんな職業の人がいる事すら、知りませんでした。

パチプロは聞いたことあったんですが、儲かっている人なんか、見たことありませんでしたし・・・口ばっかりですから。

ですが、この方は、海外を渡り歩いて、15年もの間ギャンブラーとして生活していたようです。

この記事の中に、おもしろいことが書いてあります。

『中学時代からの仲の良い友人が、就職後、すぐにうつ病になって退職し、北海道へ高飛びしてしまったんです。このことで、就職とは、人を潰す可能性すらある「ギャンブル」だと気づいたのです』と。

ホントに、同感ですね。

会社って、入社して働いてみないと分かりません。

どんなに有名な企業であっても、従業員が幸せだとは限りません。

ですから、どんどん、自分に合った会社に転職できる社会になるのは、良いことだと思いますね。

お金を欲しがると死ぬまで仕事をさせられる

どういったことなんでしょうか?

こんな事を言っています。

『自分が幸せになる分だけ稼げればいいのです。その金額がわかっていればそれ以上稼ぐ必要はまったくない。』

ん~、これまた、同感ですね。

僕は、70歳まで幸せに生きていけるお金を貯めました。

もっと節約すれば、もっと長生き出来ますが、それでは、自分が幸せにはなれそうにありません。

ギリギリのラインが、今の貯蓄だと思っています。

さらに、こうも言っています。

『お金を多く欲しがると、死ぬまで仕事をさせられることになります。逆に、お金の束縛から自由になると、毎日が楽に楽しくなります。』

そうなんですよね・・・

もし、僕が、90歳まで生きれるくらいの貯蓄をしようとしたら、もっと、働かなければいけません。

おそらく、60歳くらいまで、働かないといけないでしょうね・・・

100歳まで生きる分を稼ごうと思えば、もっと働かないといけません。

そうなると、自由な時間が減ってしまいます。

もしかしたら、自由な時間がなくなるかもしれません。

そして、お金に対する考え方も大事ですね。

『月に、15万円使ってもいいんだ!』って思うと、気が楽になります。

ですが、『月に、15万円しか使えない』って思うと、つらくなるんですよね。

これって、自分の気持ちが、お金に束縛されるかどうかの違いなんです。

普通に生活していたら、15万円以内に収まりますから、気にしなくてもいいんです。

そうなると、自由になれて、楽しく生きることが出来ると思います。

最低限のお金があれば、それでOKです。

最後に

お金とは、人の心を変えてしまいます。

ですので、正しく、お金のことを理解する必要があると思っています。

所詮、お金は道具でしかありません。

お金があるから、しあわせにはなれません。

お金を使う事で、しあわせになりますが、その使い方を間違えると、しあわせにはなれません。

ん~、お金とは、扱いがむずかしい道具ですね。

ですが、僕がひとつだけ感じていることは、『ワクワクすることには、積極的にお金を使った方がいい』ってことです。

今までの経験上、正しいお金の使い方のような気がしています。

早期退職して、自由な時間を手に入れました。

これからは、もっと大事に時間とお金を使って、しあわせな気分になりたいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。