幸せになるには年収800万円必要。我が家は年収80万円。でもしあわせ。

 

こんにちは。たかです。

僕は、会社を早期退職して、現在、無職であります。

なので、収入は妻のアルバイト代だけです。

年収にしたら、80万円くらいでしょうか・・・

将来に関しては、若干、不安はありますが、今という時間を楽しんでいます。

今日、こんな記事を読みました。

『幸せを得るためにはまず年800万円まで稼ぎなさい』です。

なんとも、衝撃的なタイトルをつけたもんです。

我が家の年収の10倍ないと、幸せになれないみたいです。

僕たちは、どうしたらいいんでしょうかね?

さて、何が書いてあったのか?

お金のやりくりを考えなくていい年収は800万円

民間給与実態調査によれば、2015年のデータで、正社員男性の給与平均が539万円、女性の平均が367万円だったそうです。

っていうことは、年収800万円って、かなりハードルが高いですね。

しかも、この800万円は単身世帯の場合です。

夫婦世帯であれば、年収1500万円ないと、しあわせにはなれないそうなんです。

その理由は?

このくらいの年収になれば、『世間標準より少し上の生活を楽しみ、世間並みのレジャー予算も捻出できる』からだそうです。

さらに、『お金が足りないことの不安はほとんどなくなり、普通に暮らしながら貯蓄をする余裕も生まれる』と書かれています。

僕が働いている頃は、世帯年収1500万円もありませんでしたが、そんなに、お金に困ることは、ありませんでしたが・・・

そもそも、こんな家庭は、日本にどのくらいあるんでしょうかね?

年収800万円を超えると金で幸せは買えない?

年収が800万円を超えても、それ以上に、幸福感は増えないんだそうです。

なぜか?

年収が増えるにしたがって、仕事の量が増えて、自由な時間が無くなったり、ストレスが増えたりして、幸福感は下がるそうなんです。

まあ、ちょうど良いのが、年収800万円ってことなんでしょう。

幸福なる人生 中村天風「心身統一法」講演録 [ 中村天風 ]

価格:2,052円
(2019/5/8 16:14時点)

年収を上げるためにはどうするのか?

これが、一番、知りたいところです。

ですが・・・

ハッキリ言って、何の対策もありませんでした。

書いてあることは、『①転職する、②夫婦で稼ぐ、③あがく』でした。

特に、③の『あがく』は意味が分かりません。

ですが、僕は、こう思っています。

必要なお金の分だけ稼げればいい

年収○○円で、幸せになれるとか、意味がよく分かりません。

もし、毎月の生活費が、100万円かかる家庭だったら、年収800万円でも足りません。

ってことは、幸せにはなれません。

これが、毎月20万円しか使わない家庭であれば、年収500万円でも十分なわけです。

お金は、生きていく為の道具にしかすぎません。

必要な分だけあれば、それでOKだと思っています。

我が家みたいに、稼げないのであれば、使わない生活をすればいい。

そうすれば、お金の心配をすることは、少なくなります。

といっても、若干は、心配ですけどね。

最後に

幸せに生きるとは、『おだやかな時間を過ごすこと』だと、思っています。

何ごとにも、心をかき乱されない。

飛び上がるほど、うれしいことも無いが、落ち込むほど、かなしいことも無い。

そんな時間って、めちゃくちゃ、贅沢だと感じています。

今日は、ちょっとだけ、しあわせについて考えてみました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。