つらいと感じる仕事を辞めればホントに楽になれるのか?僕はこう思います。

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で、会社を早期退職しました。

理由は、『会社で仕事をするのがつらかったから』です。

『そんな理由でやめたのかよ!』って思われる方も、たくさんいらっしゃる思うんですが、ホントにそうなんです。

『甘ったれるな!』って言われそうですが、死ぬほつらかったの辞めました。

毎日毎日、ため息の連続で、『何のために、生きているんだろう?』とか、『何のために、仕事しているんだろう?』って、考え込んでいました。

ついには、『会社を辞めるって、単に、逃げているだけじゃないか?』なんて、いろんなことを考えました。

もしかしたら、僕と同じようなことを考えている方、いらっしゃいませんか?

その方に向けて、今日は、僕の思いを書いてみたいと思います。

なんでつらかったのか?

『仕事がつらい!』って感じている方は、多いと思います。

その度合いも、さまざまでしょうし、理由もいろいろだと思います。

『ちょっと、会社に行きたいくないなぁ・・・』って感じの人もいれば、僕みたいに、ちょっと病みかけている方もいると思います。

こればかりは、周りが、どうのこうのいえるものではありません。

本人にとって、どのくらいつらいかは、本人にしか分かりません。

僕が仕事がつらいって感じた理由は、『会社の方針やルールが、自分のやりことを邪魔するから』です。

いろんなルールを作られ、お客さんと会社の板挟みになり、最終的には、営業マンの僕の責任になる。

『お前のやり方が悪いから、お客さんとトラブルになるんだ!』っていうのが、会社の言い分です。

『変なルールさえなければ、お客さんに迷惑かけないんだよ!』っていうのが、僕の思いです。

『なんだ、そんなことくらい、がまんして会社のルールに従っておけばいいじゃないか!』って言われれば、そのとおりです。

でも、それが出来なかった・・・ただ、それだけなんです。

ですが、これが一番つらかった。

何のために、仕事をしているのか?

何度も、何度も、考えました。

最終的には、よく分からなくなりましたが、気がついたことは、『生活費を稼ぐため』と『楽しい毎日を送るため』でした。

お金を稼がないと、生活出来ません。

妻も子供もいますから。

これは、当たり前のことかもしれません。

ですが、僕が思っていたことは、『仕事は楽しくやるものだ』ってことです。

仕事とは、自分の目標があって、それに向かって動いていく。

それこそが、『社内で自分のやりたいこと』だと思うんです。

だから、つらいことは無いはずだし、楽しく感じるものだと思っていました。

でも、会社というところは、僕の目標とは無関係な、無駄な仕事も作ってきますので、やりたくないことも発生します。

それでも、まだ、なんとか、ガマンできます。

究極にイヤだったのは、『僕が自分の目標に向かってやる行動を、阻害すること』だったんです。

この阻害するもの、それが、会社の方針であり、ルールだったんです。

こうなると、まったく、仕事がおもしろくありません。

ただただ、つらいだけです。

仕事を辞めることは逃げなのか?

『逃げている!』と言われても、仕方ありません。

そう感じる人もいるでしょうから・・・

でも、逃げてもいいんじゃないでしょうか?

逃げずに、耐えるだけの毎日より、逃げ出して元気になるほうが、よっぽど人間らしい生き方が出来ます。

元気になれば、エネルギーが体の中にたまってきます。

イヤイヤ仕事をしていると、体の中のエネルギーが、どんどん無くなっていっているんですね。

気がついてない人も多いと思いますが、ホントにそうなんですよ。

僕は、会社を辞めてみて、初めて分かりました。

今は、かなり、エネルギーがたまってきて、元気になってきました。

そしたら、どうなるのか?

どう変わるのか?

前向きな考え方が出来るようになる

一旦休んで、エネルギーが満タンになれば、『やる気』が出てきます。

『何かやろうかな?』って。

その時に感じたことを、素直にやればいいんじゃないでしょうか?

それが、『今の自分のやりたいこと』なんだと思います。

僕の場合は、『ブログに自分の思いを書いてみたい』ってことでした。

『はぁ~そんなこと?』って思われるかもしれませんが、そうなんです。

だから、書いているんです。

最後に

今、つらい思いをしている方も、いらっしゃると思います。

お勧めしているわけじゃありませんが、『会社を辞める』のも、一つの選択肢だと気付いてほしいのです。

やみくもに、会社を辞めるわけにはいかないと思います。

ですが、計画を立てて、準備をしっかりやれば、辞めることも可能です。

つらいことを避けることも、人生の中では、必要だと思います。

そして、元気を取り戻し、再出発することの方が、建設的では無いでしょうか?

今日は、退職前に考えていた事、退職後に感じたことを書いてみました。

反論も多いと思いますが、『こんな考えもあるんだー』くらいの程度で、見ていただければうれしいです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

仕事が「ツライ」と思ったら読む本 [ 心屋仁之助 ]

価格:1,512円
(2019/5/22 18:49時点)