やっと辞めてくれた・・・日本をダメにしてるのは誰なのか?救えるのは誰?

 

こんにちは。たかです。

やっと、麻生さんが財務大臣をやめてくれるようですね。

良かった・・・

そして、副総裁になるみたいです。

今までは、副総理兼財務大臣でしたからね。

岸田さんが、麻生さんに、政治家引退への道筋をつけたようなものですね。

麻生さんは8年9カ月も財務大臣をやり、ことごとく、日本の経済を破壊してきました。

総裁選の4候補者の政策に対して、こんなことも言っていました。

『一律10万円給付のような対策が含まれているなら「とてもそんな話は飲めません」』って。

この人がいる限り、国民が救われることはありません・・・

経済再生と財政健全化

麻生さんは、こんなことも言っていました。

『財政健全化が滞ると日本の為替に対する信頼を失い、一挙に円安になったり、インフレになったりしかねない』って。

ホントにそうなんですかね?

今の日本は、税金だけではお金が足りので、自国通貨建ての国債を発行して、お金を用立てています。

そして、どんどん国債発行残高が多くなっていっています。

麻生さんや財務省は、『これが良くない!』と言っているんだと思います。

どんどんお金を発行すると、円に対する信用が失われて、一挙に円安になる。

そして、インフレを引き起こす。

ん・・・

これって、ホントなんですかね?

お金をどんどん発行すると、信用が失われるんだろうか?

たしかに、発行した国債を償還できなくなったり、利息が払えなくなったら、円に対する信用は失われると思います。

しかし、自国通貨建ての国債なら、いくらだって、支払うことが出来ます。

なので、信頼を失うことはないと思うんですがね・・・

供給力の低下が問題

僕は、国債を発行したら、円の信用が失われるとは思っていません。

しかし、日本のモノやサービスを供給する力が壊滅的に低下したら、円に対する信用は失われると思います。

もし仮に、日本の中で、内戦が起こったらどうでしょうか?

さまざまなインフラが破壊され、企業の工場など無くなってしまったら、どうでしょう?

そんな国の通貨を持ちたいと思いますか?

今は、内戦は起こっていませんが、コロナによって、いろんな会社が潰れていっています。

このまま放置すれば、ますます、供給の力が落ちて行くと思います。

供給力が落ちれば、稼ぐ能力が落ちますから、そんな国の通貨なんて必要ありません。

要するに、国に対する信頼、政府に対する信頼が大事なんじゃないでしょうか?

なので、今は国債を発行し、日本の企業や国民を助けないと、逆に、円の信用は無くなっていくと思うわけです。

今は、財政健全化ではなく、経済再生に重きを置いてほしいわけです。

財政健全化なんて、どうでもいい話だと思っています。

最後に

この30年間、ずっと日本の経済力は落ち続けています。

なぜか?

それは、お金をシッカリ使わないからだと思います。

でも、そんなこと、僕でも感じるわけですから、頭のいい官僚さんは分かっているはず。

しかし、それをやろうとしない。

いや、もしかしたら、官僚さんだって、やりたいけど出来ないのかもしれない。

最近、そう感じるようになってきました。

誰かの力で、日本が再生できないように仕組まれているんじゃないか?

では、誰が仕組んでいるのか?

そんなの、僕に分かるはずありません・・・

みなさんは、どうして日本はこんなに貧しくなったのか?

不思議だと思いませんか?

国民が、このことに気がつかないと、何も変わらないかも。

今の日本を変えることが出来るのは、政治家ではなく、国民しかいないのかもしれませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。