生活困窮世帯に1人10万円給付を検討するんだって。生活困窮世帯の目安は?

 

こんにちは。たかです。

またしても、自民党さんは、お金を給付したいみたいですね。

ついこの前まで、『高齢者に5000円を給付する!』なんて言っていたんですが・・・

でも、高市さんに一蹴されていましたけどね。。。

今度は、参院自民党が、こんなことを言いだしたみたいです。

『子育て世代を含む生活困窮世帯に対して一人10万円の現金給付を行うことを求める提言をまとめました』だって。

まあ、提言だけなので、単なるポーズだけなんでしょうけどね。

選挙前なんで、『自民党は、みなさんにお金を配る党です!』って宣伝したいのかもしれません。

しかし・・・

生活困窮世帯って、どうやって見極めるんでしょうか?

生活困窮世帯とは?

自民党からは、生活困窮世帯の線引きについては、言及されていません。

しかし、自民党の世耕さんの話では、『子育て世帯を含む困窮世帯に給付』となっています。

ってことは、『子育て中で、ある一定の年収以下の世帯』ってことになるんでしょうかね?

住民税非課税世帯には、既に10万円給付されているので、除外されるんじゃないかと思います。

こう考えると、あまり、現実的では無いですよね・・・

だって、給付する世帯を決定するのに、かなりの時間がかかりそうですからね。

おそらく、この提言も、潰されるんじゃないでしょうか?

全員に給付

さらに、世耕さんは、こう言っています。

『給付対象の規模については、現状を鑑みればできるだけ大きめに出していくべきだ』って。

ならば、国民一律に、10万円を給付したらいいんじゃないですかね。

ガソリン代や食料品が、バカみたいに値上がりしているわけです。

どの家庭でも、困っているんじゃないですかね。

その観点から言えば、国民全員に給付してもおかしくないと思います。

あまり、変な給付のやり方をしたら、次の選挙で大敗するかもしれませんからね・・・

やるなら、しっかりやった方が良いと思います。

最後に

僕が総理大臣なら、国民1人あたり10万円を給付し、消費税を撤廃しますね。

そして、社会保険料を一部削減します。

そうすれば、国民の手取り収入は、かなり増えると思います。

この状況が続けば、きっと、消費は上向いていき、景気は良くなる事でしょう。

でも、そんなことしたら、税金が減ってしまいますが、その分は国債を発行して賄えばいいだけです。

景気が良くなれば、そのうち、税収は上がっていくはず。

なんてこと考えていますが、そんなにうまくはいかないんだろうな。。。

どうやったら、日本国民は豊かになれるのか?

だれか、頭のいい人、教えてくれないかな。。。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。