ひろゆきさん、ちょっと残念でした。もっと前向きな事聞きたかったなぁ。

 

こんにちは。たかです。

昨日、こんなYouTube動画を見ました。

『【ひろゆき×三橋貴明】徹底討論!1人産めば1,000万円支給せよ?』です。

僕は、ひろゆきさんの発想がおもしろいので、よくYouTube動画を見ています。

どちらかと言えば、僕は、ひろゆきファンですかね。

今回、三橋さんという経済評論家の方と討論されたようなので、見てみました。

三橋さんは、『国は積極的に財政出動をして、景気を回復し、国民の所得を上げよう!』と言っている方です。

一方、ひろゆきさんは、どちらかと言えば、緊縮財政派だと思います。

僕は、三橋さんと同じ考えなんですが、ひろゆきさんの考えを聞けると思い、楽しみに見てみました。

ところが・・・

結果としては、かなり残念な感じでした・・・

極論ばかりで参考にならない

三橋さんは、『これからの日本が発展するために、どうしたらいいか?』ってことを考えながら話していました。

そして、それについて、ひろゆきさんに意見を求めていたんです。

ところが、ひろゆきさんは、極論を持ち出して議論にならない。

どうやら、ひろゆきさんは、三橋さんを論破することに力点を置いている感じでしたね。

視聴者としては、意見交換をしてほしかったんですがね・・・

そうすれば、いろんな考えを吸収することが出来ますから。

特に、ひろゆきさんは、発想がおもしろいので、僕みたいな凡人とは違う考えが聞けると思ったんですが・・・

結果としては、ひろゆきさんは、三橋さんの揚げ足取りばかりで、まったく参考になりませんでした。

分かったことは?

この動画を見て、分かったことが2つあります。

ひろゆきさんは、『お金はモノだ』と思っている事。

そして、『歳入と歳出のバランスが大事だ』と思っている事。

まず、ひろゆきさんは、お金はモノだと思っています。

国債を発行すれば、円の量が増えるので、価値が下がる。

よって、このまま国債を発行し続ければ、円は大暴落するというのです。

たしかに、お金がモノであれば、こういった事もあるかもしれません。

ですが、ホントでしょうか?

さらに、ひろゆきさんは、歳入と歳出のバランスが大事だと言っています。

しかし、その比率については、語っていません。

もし、歳入>歳出を目指すのであれば、これは、『プライマリーバランス黒字化』と同じことです。

これをやっているから、日本国民は貧しくなっていると思うんですがね・・・

最後に

ひろゆきさんが論理的に話してくれることを期待していたので、ちょっと残念な動画でした。

もし興味があれば、YouTube動画を見てみてください。

もう少しでワクチン接種が終わり、コロナも終息に向かうでしょう。

そして、オリンピックも開催されるんでしょうね。

さて、この先、どんな日本になるのか?

みなさんは、どう思いますか?

僕としては、一度、積極財政支出と減税をやってみてほしいです。

それで日本経済が復活しなければ、また緊縮に戻せばいいと思います。

何が正しいのか?

やってみなければ分かりませんよね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

国民を豊かにする令和の政策大転換 現代貨幣理論が日本を救う [ 三橋貴明 ]

価格:1,650円
(2021/5/30 09:33時点)