11月度の家計簿。15万円生活は達成できたか?

 

こんにちは。たかです。

あっという間に、11月も終わってしまいました。

2020年も、あと1か月になりましたね・・・

ホントに、1日1日が短く感じます。

さて、11月度の家計簿が完成しましたので、ご報告したいと思います。

僕のライフプランでは、月15万円で生活することになっています。

この範囲であれば、なんとか、公的年金と生命保険の解約金で生きていけそうです。

逆に、オーバーすれば、早めに老後資金はショートしてしまいます。

では、11月はどうだったんでしょうか。

11月はこんな感じでした!

・食費:27,374円

・生活雑貨:36,669円

・娯楽費:1,100円

・被服費:7,728円

・医療費:5,560円

・通信費:8,440円

・慶弔費:0円

・光熱費:22,085円

・帰省費:0円

・ガソリン代:6,545円

・その他:12,197円

合計すると、約13万円くらいでした。

なんとか、15万円以内で生活出来たみたいですね・・・

ですが、ちょっと気になる項目がありますね。

気になる項目とは?

僕が気になる項目とは、『生活雑貨』と『その他』です。

生活雑貨:36,669円

その他 :12,197円

これって、何に使っているんでしょうか?

妻がつけた家計簿なので、詳細を調べてみました。

そしたら・・・

生活雑貨のうち、妻のコンタクトレンズ代が、約25000円くらいかかっていました。

コンタクトって高いんですね・・・

僕のメガネ代と同じです。

ちなみに、僕のメガネは、約5年近く使っていますが・・・

さらに、『その他』を調べてみたら、なんと、『かずのこ代』でした。

我が家の娘は、お正月に、無茶苦茶『かずのこ』を食べるんです。

なので、かなりの量のかずのこを買ったんじゃないですかね・・・

まあ、このくらいは、仕方のない出費でしょう。

12月は予算オーバー確定

先日のブログにも書きましたが、12月には車のタイヤ交換があります。

妻の値切りで、安くはなりましたが、それでも約7万円弱の出費です・・・

それに加えて、妻の帰省もありますし、息子も娘も帰ってきます。

そうなると、それなりにお金は飛んできますからね・・・

まあ、軽く20万円は超えていくことでしょう。

ん・・・

なんとか、稼がないといけませんね。

最後に

来年の年末は、娘は戻ってきません。

なぜかというと、来年の春には、社会人になるからです。

既に、就職先も決まっております。

その仕事柄、年末年始は休めないんですよね・・・

ん~、かわいそうに。

でも、自分で選んだ仕事ですから、仕方ありません。

ってことは、来年は、かずのこ代が減るかも。

その分、おいしいお酒でも買ってもらおうかな・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。