家計簿をつけることが出来ない人は余裕のある証拠。リタイア者には絶対無理。

 

こんにちは。たかです。

世の中には、『家計簿をつけるのが面倒だ!』って方、いらっしゃいますよね。

僕の妻もその一人でした。

でも、今では週に2回くらい、せっせと家計簿をつけています。(まとめて書いてますね)

ですが、家計簿をつけることが出来ない人って、余裕がある家庭だと思うんですよね。

たとえば、月の生活費が10万円かかっていたとします。

収入は、8万円しかありません。

毎月2万円足りないんです。

この状況でも、家計簿つけませんかね?

普通なら『どうやったら、2万円削減できるか?』って考えるんじゃないでしょうか?

その為に、まずは家計簿をつけて、無駄を探すと思うんですが・・・

いかがでしょうか?

ですが、こんな状況下でも、家計簿をつけない家庭があります。

それはどんな家庭なのか?

貯金を切り崩して生活

毎月赤字なのに、家計簿をつけない家庭があるようです。

僕には、信じられないんですが・・・

なぜか?

その理由は、『貯金を切り崩して生活しているからお金に困らない』ってことです。

どんどん貯金は減っているんですが、見て見ぬふりをしています。

『まだ、大丈夫。生活できるから・・・』みたいな。

まだ、貯金という余裕があるんですね。

貯金がゼロになったら・・・

流石に、貯金がゼロになってしまったら、赤字家計では生活できません。

そうなって、初めて家計簿をつけはじめるわけです。

『そんなバカいませんよ~』って言われるかもしれませんが、実際にあるんですよ、こんな家庭。

こんな家庭にかぎって、旦那さんが家のお金のことを知りません。

もっとひどい時は、奥さんが借金してたりしますからね。

ホントに、気を付けてください。

実際の知り合いの話しです

今、書いた内容は、僕の知り合いの家庭の話しです。

我が家の家計簿を見て、ふと、思い出したので書いてみました。

そのご家庭では、旦那さんがお金を管理するようになって、黒字になったみたいです。

奥さんが、お金の管理に向いていなかったんでしょうね・・・

早めに気がついてよかったと思います。

世の旦那様、もし、ご家庭の貯蓄や借金がいくらあるか知らないならば、すぐにでも奥さんに言って、教えてもらった方がいいですよ!

リタイアしたら、そんなことは許されない

僕の妻も、家計簿のつけ方がメチャクチャでした・・・

何に、いくら使ったか、さっぱり分かりません。

項目ごとに使った金額を書いているだけで、合計していないんです。

これでは、赤字なのか、黒字なのかも分かりません。

ですが、僕が会社を辞めてから、ちゃんと家計簿をつけてくれるようになりました。(正確かどうかは分かりませんが・・・)

リタイアしてますので、収入はありません。

貯金を切り崩して生きていくのみです。

ですので、どんぶり勘定で生活していたら、あっという間に貯金が無くなってしまいます。

それは、もしかしたら、死を意味するかもしれません(おおげさすぎる・・・)

こういう状況に追い込んでしまえば、家計簿をつけれない人だって、出来るようになるようですね。

今すぐ会社をやめても困らないお金の管理術 [ 井形慶子 ]

価格:1,296円
(2019/9/9 16:48時点)

最後に

今日、お伝えしたかったことは、『家計管理はパートナーに任せっきりにしない』ってことです。

そして、ちゃんと管理できているかどうか、確認したほうがいいです。

中には、『家計簿をつけると貧乏になる!』なんて人いますが、そんなことは無いと思います。

逆に、無駄なところに使っていたお金を、使うべきところに使った方が、お金持ちになれると思いますがね。

『お金は道具』って妻には話しています。

道具なので、たくさんありすぎても意味が無いし、足りなければどうしようもない。

必要な分だけあって、必要なところに使う。

その使い方を、記録しておいてほしい。

変な使い方をしていないか、確認したいだけ。

そう伝えています。

妻には、ちょっとプレッシャーになっているかもしれませんがね。

その辺は、気を使いながら、やっているつもりです。

リタイアするなら、お金の管理は自分でやったほうが楽なんだけどなぁ。

それをやると、夫婦間に亀裂が入るのは間違いないし・・・

悩みどころです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。