アーリーリタイア生活の家計簿。15万円で生活出来たか?

 

こんにちは。たかです。

早いもので、今年も3か月が終わってしまいました。

この調子だと、あっという間に、お正月になりそうな気がします・・・

さて、今日は、3月度の家計簿をご紹介したいと思います。

僕のライフプランでは、月15万円以内で生活することになっています。

それ以上になれば、老後破綻するってわけです・・・

いまのところ、プランどおりに進んでいるんですが。

3月はどうだったんでしょうか?

3月はこんな感じでした

・食費:25,084円

・生活雑貨:16,455円

・娯楽費:0円

・被服費:6,080円

・医療費:2,400円

・通信費:11,003円

・慶弔費:0円

・光熱費:25,150円

・帰省費:29,950円

・ガソリン代:13,096円

・その他:6,094円

合計すると、約13万5000円になります。

なんとか、15万円以内で生活することが出来ました。

ですが、もう少し、光熱費を何とかしたいですね。

ってことで、通信費と光熱費(電気代)を抑えるために、明日、ヨドバシに相談に行こうと思っています。

ヨドバシって、いろいろ教えてくれますからね。

教育費は終了

娘も4月に就職したので、子供にかかる教育費は、完全に終わりになりました。

長かったような・・・

短かったような・・・

2021年度に娘に使ったお金を計算してみました。

そしたら・・・

なんと、63万円かかったようです。

たった3か月なのに・・・

でも、これで、かなり出費が減ると思います。

なにかと、子供って、お金がかかりますからね。

家計簿も、楽につけられるようになる事でしょう。

最後に

この調子でいけば、老後破産することは無さそうです。

貯金を少しづつ切り崩しながら、生活費に使っています。

そして、残りは生命保険とインデックス投資へ・・・

ずっと銀行に置いておいても仕方ありませんからね。

将来的には、インデックス投資のお金は、運用しながら、取り崩していきたいと思っています。

4%ルールみたいなものもあるようですが、様子を見ながら、取り崩し金額を決めたいと思っています。

一方、生命保険は返戻金が決まっていますので、安心です。

もし、僕に万が一のことがあれば、一気にお金が入ってきますし。

一番危険なのは、何も考えずに、銀行に放置しておくことかもしれませんね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。