住宅ローンって、きついなぁ・・・こんな家庭、たくさんありそう。

 

こんにちは。たかです。

今日もネットでニュースを見ていました。

そんな中、こんな記事を見つけました。

『32歳、新築で3500万円の住宅購入したものの、月60時間あった夫の残業がなくなり、不安です』です。

旦那さんの残業代が無くなり、お給料が減ってしまったんでしょうね・・・

コロナ禍の中、こういったご家庭は、多いのかもしれません。

さて、どういったご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん33歳、奥さま32歳、2歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが17万円、奥さまが13万円なんだそうです。

合わせれば、月30万円になります。

残業代があった頃は、あと6万円ほど収入が多かったそうです。

ん~、月6万円の減収は、痛いですね・・・

ボーナスは、年間で約140万円くらいあるようです。

ちなみに、貯金は400万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・住宅ローン:10万5000円

・車両費:1万8000円

・食費:3万円

・光熱費:3万円

・通信費:2万5000円

・趣味娯楽:5000円

・教育費:2万8000円

・こづかい:4万円

・雑費:1万円

・保険料:4万7000円

合計すると、約34万円になります。

月の収入は30万円ですから、30万円ー34万円=4万円の赤字になります。

年間では、4万円×12か月=48万円の赤字になります。

この不足分をボーナスから補填し、最終的には、年間40万円ほど貯金しているそうです。

もし、ボーナスまでカットされたら、どうにもなりませんね・・・

65歳まで働いたら?

もし仮に、今の状態で65歳まで働いたらどうなるでしょうか?

現在、旦那さんは33歳ですから、あと32年間働くことが出来ます。

すると、その間に貯金出来る額は、40万円×32年=1280万円ってことになります。

一方、住宅ローンの残高は、約400万円くらいになります(精密計算機で計算しました)。

この残高を貯金で支払ったら、1280万円ー400万円=880万円が残るわけです。

ん・・・

老後資金としては、ちょっと、心細いですね。

運用したら?

もし、年40万円の貯金額のうち、36万円(月3万円)を投資にまわしたらどうなるでしょうか?

利回り3%で32年間運用したら、最終的には、約1900万円になります。

さらに、残った4万円を貯金すると、4万円×32年=128万円になります。

運用したお金と合わせれば、1900万円+128万円=約2000万円になります。

ここから400万円の住宅ローンを払ったとしても、2000万円-400万円=1600万円が残ります。

このくらいあれば、なんとかなるかもしれませんよね。

さらに、もっと収入を高めておけば、老後は楽になるでしょう。

最後に

住宅ローンを組むということは、かなりの負担になります。

だって、3500万円の借金を持つってことですからね。

それを35年間で払うわけです。

しかし、ホントに払えるですかね?

35年間、収入が保障されているわけじゃありません。

これからの時代、45歳定年になるかもしれませんからね。

もしそうなったら、どうやって、家を買うんだろうか?

この先、日本は人口減少します。

当然、空き家も増えますよね。

だったら、国が買い取って、安く国民に売ってあげればいいですよね。

まあ、そんなことにはならないでしょうけど・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。