義理の父の運転ヤバイ・・・人を〇す前に、車の運転をやめさせるには?

 

こんにちは。たかです。

先日、義理の母から、妻に電話がありました。

その内容とは・・・

妻から話を聞いて、ゾッとしました。

義理の母の話とは、義理の父の車の運転についてでした。

妻曰く、『お父さんの車の運転がヤバイらしい。このまえ、カーブを曲がり切れずに、そのまま花壇に突っ込んだんだって・・・』って。

さらに、それだけではなく・・・

『その前には、信号無視で交差点に突っ込んだらしくて、お母さん、気絶しそうになったって』だって。

まあ、運よく、大きな事故にならなくて良かったんですがね。。。

ん~、まだまだ、余罪がありそうですね。

はやく、運転免許証を返納してほしいんですが・・・

やめる気なし!

どうやら、義理の父は、まったく、免許を返す気ないらしい。

義理の母が、『免許証返したら?』って言ってみたんだそうですが、『オレを年寄り扱いするな!』って、怒鳴られたらしい・・・

それ以来、義理の母は、義理の父に運転ことには口を出さないみたいです。

この問題って、ホントに難しいですよね。

もし、大きな事故を起こして、他人の命を奪ってしまうような事になったら大変です。

義理の父も大変になりますが、家族だって、同じです。

どうしたらいいのか・・・

調べてみたけど・・・

ネットなどで、『どうやって免許証を返納させるか?』について、調べてみました。

その結果、こんなものがありました。

◉医師から「運転禁止」と本人に伝えてもらう

◉車を使えないように工夫する

◉高齢ドライバーによる自動車事故の新聞記事を本人に読んでもらう

◉車の代わりになるものを教える

◉家族みんなで説得する

◉費用対効果を伝える

◉持たないことで若返ると提案する などなど

みなさん、色々と工夫されているみたいですね。

いちばんやってはいけないことは、『どうして、分からないの!!』って、怒ってしまうことらしいです。

なので、気長にやるしかないんですかね・・・

最後に

みなさんなら、いつ、車の運転やめますか?

僕は、65歳くらいには、やめたいと思っています。

あと10年くらい経てば、おそらく、『自動運転のタクシー』が出来ていると思うんですよね。

そうすれば、気軽にタクシーを使うことも出来ますし、値段も安いんじゃないでしょうか?

だって、人件費がかかりませんからね。

日本でも、早く、自動運転が広まってほしいです。

そうすれば、車を手放すことが出来ます

そして、今までかかっていた車の維持費で、自動運転タクシーを使いたいですね。

車を維持するためには、『自動車税』、『自動車保険』、『ガソリン代』、『駐車場代』など、お金がかかります。

多い人は、月に4~5万円くらいかかっているんじゃないですか?

その分、タクシーに乗れるわけです。

タクシーを使えば、事故を起こす危険性もゼロになりますよね。

あ~、お父さま、車の運転、やめませんか・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。