コロナウイルスでアーリーリタイア生活はどう変わったか?

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で会社を早期退職しました。

そして、未だに無職生活を送っています。

いわゆる『アーリーリタイア生活』をしているわけです。

そんな僕に、先日、こんなメールが届きました。

『新型コロナウイルスはアーリーリタイアに影響ありますか?』って。

ん・・・

影響あるような、無いような・・・

そんな感じです。

僕自身に直接影響はありません。

だって、無職ですからね。

失業することはありません(既に、失業している)。

お給料が減ることもありません(そもそも、収入なし)。

リタイアしてから、外出することもありませんので、『外出を自粛しろ!』って言われても、そんなに苦痛ではありません。

でも、それ以外には変化があります。

娘が家にいる

我が家の娘は、県外の専門学校に通っています。

ところが、緊急事態宣言が出てから、学校が休校になり、寮までも閉鎖になりました。

ってことで、今は、家に戻ってきています。

娘がいない時は、僕が娘の部屋を使っていたんですが、それが出来なくなりました。

そうなんです。

僕の居場所がなくなったんです。

これは、結構、きついですね・・・

家計的には、食費も増えましたし、光熱費も上がっています。

無収入の僕にとっては、痛い出費ですね。

息子が無収入

先月までは、かなり稼いでいた息子が、どうやら無収入になってしまったようです。

いまのところは、自分の貯金を切り崩して生活しているようです。

ですが・・・

今後どうなるか分かりません。

もしかしたら、家に戻って来るかも。

あるいは、またしても、金銭的なSOSを出してくるかも。

そうなれば、少しは助けてあげないといけないでしょうね・・・

仮に、お金を送ることになれば、僕ら夫婦の老後資金が無くなっていきます。

ん・・・

それじゃなくても、老後資金って少ないんだけどなぁ。

最後に

こんな感じなので、いまのところは、大きな影響は受けていないと思います。

ですが、これから先、影響が出てくるかもしれません。

いちばんの不安は、息子の仕事です。

元どおりに戻ってくれればいいんですがね・・・

もし、戻らないのであれば、資金的援助が必要になるかも。

その資金的援助が長引けば、老後資金が枯渇するかもしれません。

そうなれば、僕も仕事をしないといけないかも。

でも、このご時世に、50歳のおっさんを雇ってくれるところなんてあるんだろうか?

そんな感じです。

はじめは、『コロナって、リタイア者には、あまり関係ないかな・・・』なんて思っていたんですがね。

甘かったようです。

ホントに早く終息してくれないと、僕のリタイア生活も、終わりを告げることになります。

やっと、手に入れた生活だったのに・・・

コロナ終息の為にも、5月6日までは、不要不急の外出は絶対しないようにしたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。