日本人はどのくらい感染しているんだろう?抗体検査への疑問点

 

こんにちは。たかです。

今日も、ネットでウロウロと記事を読んでおりました。

そしたら、こんな記事を見つけました。

『NY州の14%に抗体確認、新型コロナで3000人検査』です。

アメリカって、やることが早いですよね。

ニューヨーク州内で無作為に選んだ3000人に、新型コロナウイルスの抗体検査をやったそうです。

その結果、約14%の人が、抗体を持っていたらしい。

抗体を持っているってことは、一度は、新型コロナウイルスに感染したことがあるってことです。

推定患者数は?

ニューヨーク州の人口をもとに試算すると、これまでに約270万人が、新型コロナに感染した計算になるんだそうです。

ニューヨーク州の感染者は約26万人と言われていますので、実際とは、約10倍くらいの違いがあるってことです。

一方、死亡者数は、約1万5000人くらいだそうですので、死亡率は約0.5%くらいになります。

おそらく、この死亡率は、季節性インフルエンザとあまり変わらないんじゃないですかね。

ただし、この死亡者数って、病院や介護施設で亡くなった人だけの集計らしいので、実際にはもっと多いのかもしれません。

となると、もっと、死亡率は高いのかもしれません。

疑問点がある

この記事を読みながら、いくつか疑問点がありました。

それを、ちょっと、書いてみたいと思います。

正確なのか?

まず、『この検査キットが正確なんだろうか?』ってことです。

まあ、これを言い始めたら、キリがないんですがね・・・

ですが、こういったキットは、初めから完璧なものってありません。

かならず、どこか、問題点があると思います。

PCR検査だってそうです。

ですので、すべてを信じていいんだろうか?

そう思うわけです。

抗体っていつまでもつのか?

基本的には、抗体があれば、再度、感染することはありません。

それは、抗体がウイルスをやっつけるからです。

ですが、この抗体の効力が短ければ、また、感染してしまいます。

たとえば、抗体の効力が3か月しかもたないとします。

そうなると、3か月後には、再度、感染してしまうかもしれません。

コロナウイルスが、季節性であれば問題ないんですが、年中いるとすれば、また感染してしまうんじゃないか?

そんな心配をしています。

ちなみに、インフルエンザワクチンの場合、4週後に抗体産生がピークになり、3~5か月後には低下するそうです。

最後に

日本でも、抗体検査が行われるんでしょうか?

出来る限り、早めに実施してほしいものです。

もし、抗体陽性率が高ければ、経済活動を始めることも可能かもしれません。

アメリカよりも、日本の方が先にウイルスが入ってきているはずですので、抗体陽性率は高いかもですね。

でも、引きこもりの僕は、いつになったら、抗体を持つことが出来るんだろうか・・・

安倍さんも、緊急事態宣言を延長するか、解除するか、悩ましいところだと思います。

ですが、ゴールデンウィークに入る前には、発表してほしいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。