いくつまで働きますか?働く人、働かない人、それぞれの考え方。

 

こんにちは。たかです。

いきなりですが、みなさんは、いくつまで働きますか?

僕が勤めていた会社では、60歳が定年でしたが、それまで働き続ける人は、ほんの一握りの方だけでした。

しかも、60歳以降の継続雇用を希望する方は、ほとんどいませんでした。

如何に、やりがいの無い、ブラック会社だったか・・・

ですが、今、国は『70歳まで働け!』って言っていますよね。

そこで今日は、高齢になって働く人と働かない人の、仕事に対する考え方を、想像してみました。

これは、僕の勝手な思い込みなので、サラっと読んでいただければうれしいです。

高齢者の就業率ってどのくらい?

総務省が発表している『統計からみた我が国の高齢者』によると、日本の高齢者の就業率は、以下の様になっているようです。

60~64歳では男性79.1%、女性53.6%、65~69歳では男性54.8%、女性34.4%の方が、働いているみたいです。

いかがですか?

今って、会社の定年は、だいたい、60歳ですよね。

60歳以上の方の就業率が、男性で約80%ですので、ほとんどの方が、定年を迎えても、どこかで働いているってことです。

ん~、これは、凄い!

なぜ、働くのか?

ここからは、僕の想像になります。

と言っても、僕は、49歳で働くのを辞めていますので、定年過ぎても働いている人の気持ちは、よく分かりませんが・・・

お金がないから

まずは、お金の為でしょうね。

金融庁も、『老後は2000万円必要です!』って言っていますので、貯まってない方は、働くしかありません。

あるいは、お金はある程度あるけど、『念のため、もう少し貯めよう!』なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。

健康維持のため

仕事を辞めて、家にじっとしていると、健康に悪いと考えているかもしれませんね。

たしかに、僕も会社を辞めたら、体を動かすことが少なくなりました。

まあ、仕事をしていれば、体も動かしますし、健康維持のためにはいいかもしれません。

人とかかわるため

会社を辞めてしまうと、人と話すことも無くなります。

僕も、1人暮らしだったら、誰とも話さないかもしれません。

幸い、妻と母親がいますので、話し相手には困っていません。

1人暮らしだったら、仕事をしていた方が、人と接することが出来ますのでいいでしょうね。

やることないから

こんな人も、いるんじゃないかと思うんです。

『仕事辞めて、家にいてもすること無いし。仕事でもするか!』みたいなノリじゃないでしょうか?

軽いアルバイト程度なら、やる人も多いかもしれませんね。

なぜ、働かないのか?

今度は、なぜ、働かないのか想像してみました。

やりたいことがあるから

まずは、『仕事なんかしている時間が、もったいない』って、思ってるんじゃないでしょうか?

今まで、やりたいことをガマンして、仕事やってきた。

これからは、自分のやりたいことに時間を使いたい!

ちょっとだけ、僕も、こんな思いがあります。

やりたいことって言っても、いろいろあると思うんです。

趣味の世界もあるでしょうし、単に、『ぼーっとしたい』とか『ゆっくり休もたい』とか。

ぼーっとすることも、れっきとした、やりたいことです。

定年後も仕事してたら、ぼーっと出来ませんからね。

仕事が楽しくない(やりがいなし)

おそらく、定年後に仕事をしたくないって人は、それまでに、あまりいい思いをしてないんじゃないかと思います。

『とにかく、仕事がつらかった・・・もう、仕事は勘弁して』みたいな感じになってませんかね?

僕は、これに該当します。

26年間のサラリーマン生活で、『もう仕事はつらい!』とか『人間関係や社内ルールがも猛烈に面倒!』って、脳ミソに刷り込まれてしまいました。

なので、もう、うんざりなんです・・・

最後に

僕が思うに、良い職場環境で仕事をやってきた方は、『いつまでも現役で仕事がしたい!』って思っているんじゃないでしょうかね?

逆に、『今までつらい思いしかしてない』とか『仕事以外にやりたいことがある』なんて言う人は、働きたくないんだと思います。

さらに、お金があるかどうかも、重要なファクターですね。

そこそこ生きていけるお金があれば、無理にやりたくもない仕事をする必要もありませんからね。

今日は、ちょっとだけ、妄想してみました。

もし仮に、僕が働きに行くとしたら、良い職場環境で仕事をしてみたいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。