いくらあれば幸せですか?僕の場合は・・・

 

こんにちは。たかです。

みなさんは、いくらあれば幸せですか?

僕は、幸せって、お金では買えないような気がします。

たしかに、お金があれば、旅行にも行けますし、美味しいものだって食べることが出来ます。

その時は、きっと、幸せを感じることが出来るでしょう。

ですが、365日ずっと旅行をしていたら、ずっと幸せな気分なんでしょうか?

やったことないので、分かりませんが、想像するに、そうでもないような気がします。

途中で、『もう、家に帰りたい・・・』なんてなりませんかね?

あるいは、『なんか、飽きたな・・・』みたいな感じになりそうです。

では、『お金は無くてもいいのか?』と言えば、そうではありません。

今日は、僕が思う『幸せなるためのお金』について、書いてみたいと思います。

お金は道具

僕は、『お金は道具』だと思っています。

お金は使わないと、威力を発揮しません。

持っているだけでは、何にも役に立たない。

唯一、使わなくても得られる効果は、『安心感』が得られることだけです。

『お金があるから大丈夫!』みたいな、変な安心感がありませんか?

でも、この安心感って、幸せになるためには必要だと思うんですよね。

では、安心感が得られる最低金額って、どのくらいですかね?

きっと、人ぞれぞれだと思います。

僕は、『生きていく為の最低金額』だと思うんですね。

なので、『生きていく為に、最低でもいくら必要なのか?』を知る必要があります。

僕の場合は、どうなるのか?

4000万円あればいいかな?

僕の場合、いくらあれば、安心感が得られるのか?

月に15万円の生活費が必要だとします。

50歳から70歳までの20年間で、15万円×12か月×20年=3600万円が必要です。

70歳からは、月に15万円の年金をもらうこととします。

そうなれば、年金の範囲内で生活することが出来ます。

予備費として、500万円を準備するとしたら、3600万円+500万円=4100万円になります。

実は、もっと欲しいんですが、最低このくらいあれば、僕は安心感が得られ、幸せに暮らせると思います。

幸せになるのにお金は使わない

この4000万円って、生きていくためのお金です。

そして、安心感を得るためのお金です。

ですので、4000万円以上あったとしても、安心感が増えるだけで、幸せにはなりません。きっと。

僕は、お金を使わなくても、幸せになれると思います。

僕の幸せとは、『自分のイヤな事はしない。自分のやりたい事をやる』ってことだと思っています。

最低、生きていくだけのお金があって、イヤな事はしない、やりたい事をやる。

お金で安心感を得て、行動で幸せを感じる。

なので『安心感が得られるお金』が『幸せになるためのお金』だと思うんです。

お金があれば幸せになれるのか 幸せな人生を送りたい人の21章 [ フレデリック・ルノワール ]

価格:2,376円
(2019/9/21 15:06時点)

最後に

『おまえ、なにが言いたいんだ!』って思った方、多いんじゃないでしょうか?

僕が言いたいことは、『自分に必要なお金が貯まったら、あるいは目途が付いたら、自分の時間を大事にした方がいい』ってことです。

余計なお金のために、やりたくもない仕事はしないほうがいい。

逆に、やりたい仕事であれば、ずっと、やったほうがいい。

やりたい仕事って、自分の時間ですからね。

もしかしたら、自分が安心感を得られる金額を知らずに、やみくもに、貯金している人いるんじゃないですか?

その貯金の為に、イヤなことやってませんか?

もう、好きに生きてもいい時期かもしれませんよ。

すみません、自分勝手なことを書きました。

でも・・・

僕、4000万円もっていません。

幸せになるためのお金ないんだよな・・・・不安。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。