アベノマスクって、総額いくらかかったのか?お金の使い方を考えてほしい。

 

こんにちは。たかです。

みなさんは、アベノマスク使いましたか?

僕は、使いましたが、すぐに捨てました・・・

洗ってまで、再利用はしなかったですね。

ごめんなさいね、安倍さん。

そして、この大量在庫になっていたアベノマスクが、希望者に配送されることになったそうです。

その数、約7000万枚くらいなんだそうです。

では、配布にかかるお金って、どのくらいだと思いますか?

配送にかかるお金

ある記事には、こう書かれていました。

『配布には、配送費用として約3.5億円、問い合わせのためのコールセンター設置費用や廃棄費用に約1.4億円かかる』って。

ってことは、配送費用だけで、約5億円かかるってことです・・・

そんなにかかるんですかね?

なんだか、このあたりにも、利権が絡んでいるような・・・

誰がか、お金もうけをしているんじゃないですかね。。。

なんて、疑ってしまいます。

総額はいくら?

今回のアベノマスクに関して、経済評論家の方が、総額いくらかかったか、費用を計算されていました。

それによれば、こんな感じです。

◉調達契約:442億6338万円

◉検品業務委託:7億75万円

◉在庫の保管費用:6億96万円

◉在庫の検品費用:20億9000万円

◉無料配布などにかかる費用:5億円

トータルでは、約482億円になります。

この金額を見て、どう思いますか?

コロナが感染拡大した時、たしかに、マスク不足になりました。

そこで、安倍さんが、マスクを準備してくれたんですが、あまり役に立ちませんでした・・・

一部の施設においては、アベノマスクに助けられたかもしれませんが。

しかし、日本人のほどんどは、使っていませんでしたからね。

そう考えると、ちょっと、作りすぎたのかなぁ・・・

なので、この482億円の使い方は、間違っていたような気がします。

もう少し、お金の使い方には、知恵を絞ってほしいものです。

最後に

しかし、すべてを費用対効果で考えるのは、あまり良くないと思っています。

『無駄だからやらない!』という考え方は、民間では、当たり前のことです。

無駄な事をやっていたら、利益が出ませんからね。

潰れちゃいます。

しかし、これを政府(国)が言い出したら、とんでもないことになります。

国民の命を救うためには、政府(国)は無駄なこともやらないといけない。

そう思っています。

ある都道府県では、無駄な病床を廃止していました。

なので、医療従事者の方も減っていたわけです。

そんな中、コロナウイルスの感染拡大が起こってしまいました。

その結果、そのエリアに住んでいた人は、入院できない、医療を受けることが出来ない状況になってしまいました。

だって、病床は無いし、医療従事者がいないんですから、仕方ありません。

知事さんは、政府に、看護師さんの派遣を依頼していましたがね・・・

間に合うはずありません。

そして、多くの方が命を落としてしまいました。

もっとも人口の多い東京よりも、多くの方が命を落としたんです。

これって、ホントに問題だと思いますがね・・・

なので、無駄だからと言って、無くしてはいけないものってあると思うんですね。

しかし、それは、民間では負担することが出来ないんです。

だから、そういったものは、お金を発行することが出来る『政府(国)』が負担するべきだと思うんです。

費用対効果に合わないことをやることが出来るのは、行政しかないと思うです。

なんでもかんでも、民間にやらせる。。。

そんなことで、いいんでしょうかね?

ある県では、水道事業を民間に渡していましたが、大丈夫なんでしょうか・・・

僕は、今の行政のやり方には、不安を感じています。

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。