無職夫婦は2021年にいくら使ったのか?老後破産の可能性は・・・

 

こんにちは。たかです。

今日は、僕ら夫婦が、『2021年の1年間に、いくらお金を使ったか?』について書いてみたいと思います。

僕自身、2019年3月に会社を早期退職し、その後、仕事はしていません。

なので、定期的な収入はありません。

一方、妻はパートをしていますが、月の収入は5万円くらいです。

しかも、そのお金は生活費には使わず、妻のおこづかいになっています。

そんな感じなので、生活費は貯金を切り崩してまかなっている状況です。

まあ、月15万円以内で生活することが出来れば、老後破産することは無いと思っているんですがね・・・

では、早速、2021年の生活費について書いてみたいと思います。

2021年はこんな感じでした

1年間に使ったお金を書いていきます。

カッコ内の数字は、月平均になります。

・食費:375,817円(31,318円)

・生活雑貨:292,292円(24,358円)

・娯楽費:36,246円(3,021円)

・被服費:83,231円(6,936円)

・医療費:63,674円(5,306円)

・通信費:220,310円(18,359円)

・慶弔費:0円

・光熱費:265,174円(22,097円)

・帰省費:143,116円(11,926円)

・ガソリン代:105,230円(8,769円)

・その他:121,946円(10,162円)

合計すると、約170万円になります。

月平均だと、約14万円です。

なんとか、月15万円以内で生活することが出来たようです。

こうやってみると、案外、お金使っているんですね・・・

これ以上の節約はできるのか?

月15万円以内で生活出来ていますので、このままでも良いのかもしれません。

しかし、出来れば、無理のない範囲で節約したいところです。

とはいえ、これ以上、節約することは出来るのか?

昨年の後半から、携帯電話をワイモバイルに変えたので、もう少し、通信費は安くなると思います。

その他は・・・

ん~、妻の被服代か、化粧品代かな・・・

でも、そんなこと、妻に言えませんからね・・・

妻の自主性に期待したいと思います。

最後に

2022年は、家計簿を変更し、少しでもいいので、生活費を抑えていきたいと思います。

一方では、株による収入を増やしていきたいと思います。

短期トレードで、コンスタントに月5万円以上の収益が欲しいところです。

あとは、このブログの収入が増えればいいんですがね・・・

残念ながら、だんだんと収益は減っております・・・

既に、小学生のおこづかいにもなりません。

つまらないブログですが、お暇な時に読んでいただけると幸いです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。