大学生の仕送り4年間でいくら必要か?学費も含め、いくら準備したらいいのか?

 

こんにちは。たかです。

40代、50代になると、子供の学費が負担になってきますよね。

特に、大学生になれば、学費も上がりますし・・・

ですが、ちょうど、その年代になると、リストラの危険性すら出てくるわけです。

怖いですね・・・

今日、ネットでニュースを見ていたら、大学生の仕送りに関する記事を見つけました。

現在の大学生って、どのくらい、親からお金を送ってもらっているんでしょうか?

きびしい現実が・・・

東京地区私立大学教職員組合連合の調査の結果です。

それによると、2019年度に首都圏の私立大に入学した下宿生に対する、平均の仕送り月額は、8万5300円だったそうです。

これは、ピークだった94年度の12万4900円から31.7%も減少しているらしい。

約4万円も仕送り額が減っているんですね。

親も大変ですが、子供も大変です。

ちなみに、平均仕送り額から家賃を除いた生活費は、いくらだと思いますか?

なんと、2万1900円なんだそうです。

2万1900円じゃ、生活なんか出来ませんよね。

だって、1日あたり、約700円しか使えないわけですから。

4年間では?

さて、平均の仕送り額が月額8万5300円ってことは、4年間では、いくら必要なんでしょうか?

8万5300円×12か月×4年=約410万円になります。

ん~、かなり、お金が必要になりますね。

さらに、学費を入れたら、どうなるんでしょうか?

日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査」を見てみると、4年間の学費は、こんな感じです。

国立大学:約540万円

私立文系:約730万円

私立理系:約830万円

ってことは、自宅外通学で私立理系に進学されたら、410万円+830万円=1240万円が必要になるってことです。

もし、子供が2人いたら、1240万円×2人=2480万円ってことになります。

学費で、家が建ちますね・・・

コロナ退学が出なければいいが・・・

今の大学生は、仕送りだけでは、生活出来ません。

だって、2万1900円しか、生活費は無いわけですからね。

当然、アルバイトをしなければいけません。

ですが、コロナの影響で、アルバイトを減らされている学生もいるんじゃないですかね。

ってことは、親がその分を負担するしかありません。

といっても、親の方も、お給料が減っているかもしれませんし・・・

最悪、『コロナ退学』なんてことが起こらなければいいんですがね。

子どもを持ったら知っておきたいお金の話 (中経出版)

新品価格
¥490から
(2020/4/4 11:40時点)

最後に

やっと、現金給付が現実的になってきました。

1世帯当たり、30万円の現金給付があるようです。

ですが、条件が、結構厳しいかもしれませんね。

報道によれば、基本的には、住民税非課税世帯が対象のようです。

あるいは、年収が急減した世帯のようです。

ん・・・どのくらいの世帯が該当するんだろうか?

景気の悪化は、既に、リーマンショック並みになっています。

今後、活動の自粛が継続すれば、リーマンショック以上の景気悪化になるでしょう。

そうなれば、この先、コロナリストラが起こるかもしれません。

その対象になるのは、大学生くらいの子供を持つ、40代・50代のサラリーマンです。

もし、ホントにリストラなんかになれば、コロナ退学も現実的になってきます。

国も、もっと、企業支援をしてほしいものです。

マスク2枚では、国民の生活は守れないと思うんですがね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。