65歳で完全リタイアするには、いくら必要なのか?そんなに要らないと思うけど。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を目にしました。

『会社員が現役時代にいくら貯めたら、65歳で完全リタイアできる?』です。

まあ、国が言っているのは、『2000万円は必要ですよ!』でしたよね。

なので、65歳で完全リタイアするのなら、2000万円くらいは必要になるんじゃないですかね。

まあ、僕の場合は、そんなにかかりませんが・・・

今日は、この記事の内容について書いてみます。

いくら必要なのか?

この記事の内容をザックリと書いてみたいと思います。

ますは、収入に関して。

『定年退職の場合、大卒および大学院卒で、2000万円程度と考えておくといいでしょう』と言っています。

ハッキリ言って、そんなにもらえませんよね。

超優良企業で、ある程度、出世した人なら、このくらいあると思いますが・・・

僕なんか・・・ここでは言えません。少なすぎて・・・

次に、公的年金です。

総務省の家計調査報告によると、65歳以上の無職夫婦の平均的な公的年金収入額は約22万円なんだそうです。

ん~、うらやましい。

まあ、僕は途中で会社を辞めたので、こんなにもらえません・・・

月に22万円もあれば、余裕のよっちゃんですがね。

では、支出はどうなんでしょうか?

『生命保険文化センターの調査によると、最低日常生活費としては約22万円が必要という結果が出ており、さらにゆとりのある老後生活を送りたいなら、それに14万円上乗せした約36万円が必要となっています』だって。

月に36万円も使います???

子どもがいるご家庭でも、こんなに使わないと思うんですがね。。。

どんだけ、セレブな生活しているんだろうか・・・

さらに、介護費用についても、言及しています。

『生命保険文化センターが行った調査によると、介護状態になった際に掛かる月々の介護費用は約8万円、介護に掛かった期間の平均は5年1ヶ月となっています』だって。

そうなると、介護費用として、約500万円は覚悟しておいた方が良いみたいですね。

これらの条件から導き出された老後資金は、一体いくらなのか?

85歳まで生きたとしたら?

仮に、85歳まで生きたとして、計算してみます。

年金生活の期間は、85歳-65歳=20年になります。

月の生活費は36万円、公的年金は22万円ですから、不足額は36万円-22万円=14万円になります。

年間では、14万円×12か月=168万円です。

これが、20年間続きますから、168万円×20年=3360万円が必要になります。

さらに、介護費用の500万円を合わせると、3360万円+500万円=3860万円になります。

一方、退職金が2000万円ありますので、貯めておかないといけないお金は、3860万円ー2000万円=1860万円ってことになります。

もし、退職金が無い場合は、約4000万円ってことになります・・・

マジか。。。

 

まったくあてにならない

ここまで、いろいろ書いてきたんですが、まったく意味ありませんね・・・

だって、公的年金は、これから先、どうなるか分かりません。

まず、月22万円も貰えることはありません。

国の試算では、最悪の場合、約40%ダウンになるようです。

なので、月13万円くらいになるかもしれませんね。

しかし、今の経済状態だと、最悪の場合になる可能性が高いと思います。

逆に、65歳過ぎてから、月36万円も使うことありません。

節約することだって出来ますからね。

僕なんか、月15万円もあれば、かなり幸せに生きていくことが出来ます。

なので、老後資金がいくら必要なのかについては、個人個人で全然違うってことです。

まあ、2000万円を目安にするのはいいかもしれませんね。

あとは、『お金のなる木』を育てることが出来ているかどうか?

これがあれば、老後の生活にゆとりが出ると思います。

ですから、現役時代から、株や不動産などに投資をしておく方が良いと思います。

僕は、若干、手遅れですが・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました