世帯年収1000万円ってどのくらいあるのか?老後2000万円問題はクリアか?

 

こんにちは。たかです。

みなさんの年収って、どのくらいありますか?

僕がサラリーマンだった時は、もちろん、1000万円なんてありませんでした。

その半分以下って感じですかね・・・

妻も働いてくれたので、世帯としては、600万円くらいはあったと思います。

たぶんですが。。。

では、今の日本では、年収1000万円ある人って、どのくらいいるんでしょうか?

こんなこと調べても意味なんですが、ふと、気になったので調べてみました。

なので、あまり、気にしないでくださいね。

年収1000万円ある人は?

国税庁の『民間給与実態統計調査』を元に、年収1000万円ある人が、どのくらいいるのか調べてみました。

なんと、年収1000万円超の割合は、全体で約4.6%しかいないんですね・・・

男女の内訳を見てみると、男性7.1%、女性1.1%って感じです。

ん・・・

年収1000万円以上の人って、かなり、少ないんですね。

しかも、女性にいたっては、メチャクチャ少ない・・・

ってことは、年収1000万円以上の人と結婚するなんて、かなりハードル高いですね。

ならば、夫婦で1000万円を稼いでいるご家庭は、どのくらいあるんでしょうか?

年収1000万円の世帯は?

今度は、世帯年収が1000万円を超えているご家庭を調べてみました。

結果は・・・

世帯年収で1000万円を超えている割合は、全体の12.1%という結果でした。

さっきよりは、だいぶ増えましたね。

それでも、まだまだ、少ないですよね。

たしかに、今のサラリーマンの平均年収は、約430万円くらいですから、夫婦2人でも、1000万円には至りません。

なので、世帯年収が1000万円を超えるということは、夫婦のどちらかが、600万円以上の年収があるんでしょう。

ん・・・

これでは、日本の景気も良くなりませんよね。

最後に

ちなみになんですが、世帯年収1000万円以上のご家庭の貯金額は、中央値で、約1500万円くらいなんだそうです。

このくらい稼ぎがあれば、老後2000万円問題もクリア出来そうですね。

日本も、賃金が上がる国になってほしいですね。

現役世代の賃金が上がらないと、年金額も上がらないので、困ってしまいます。

せめて、賃金が上がらないうちは、税金を軽くしてほしいんですがね・・・

岸田さんでは、それは期待できそうにありません。。。

逆に、『コロナ増税』をやりそうなので、ホントにこわいです。

物価は上がり、税金は上がり、賃金と年金は下がる。

日本で生きていくのは、きびしい時代になりますね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。