コロナって、ホントはどのくらい怖いのか?東京の状況を確認してみた

 

こんにちは。たかです。

コロナの感染が拡大していますね。

昨日の東京の新規感染者数は、4058名だったそうです。

ん・・・

どこまで増えるんでしょうかね?

このまま増え続けたら、パラリンピックは中止になるのかな・・・

なんてことを考えていました。

では、現在の東京では、医療体制はどうなっているのか?

ちょっと、調べてみました。

現在の東京

『都内の最新感染動向』というサイトのデータから抜粋してみます。

すると・・・

◉入院者数:3,209名(軽症、中等症:3,114名  重症:95名)

◉宿泊療養:1,758名

◉自宅療養:10,392名

◉入院・療養調整中:7,960名

こんな感じです。

ちなみに、確保病床数は5,967床なんだそうです。

ってことは、5,967床ー3,209名=2,758床が空いているってことになります。

病床使用率は53%です。

どうして、入院させないんですかね?

もしかしたら、入院させるほど症状が悪くないのかもしれません。

ん~、この辺りの情報を、しっかり国民に提供してほしいですね。

仮に、入院するほど状態が悪くない人が多いのであれば、そこまで心配する必要はありません。

インフルエンザだって、かなりしんどいですが、多くの場合は入院までいきませんから。

コロナもインフルと同じ程度であるならば、そこまで怖がる必要はないと思います。

ワクチン打っても感染している

最近の記事を読んでいると、こんなことが書いてあります。

『年代別では30代以下が約71%と若い世代の感染が目立ち、ワクチン接種が進む65歳以上は約3%と感染が抑え込まれている』みたいな。

『だから、ワクチンを打った方が良いんだ!』って感じです。

これは、ちょっと、ワクチン接種へ誘導しようとしていますね・・・

実は、東京での65歳以上の感染者数は、そこまで減っていません。

若い世代の感染者数が増えているから、相対的に減っているように見えるだけです。

なので、決して、ワクチンを打ったら感染しないわけじゃないんです。

ワクチンの役割は、『発症をさせない、重症化させない』ってことですからね。

最後に

コロナで大騒ぎになっている日本ですが、この先どうなるんでしょうか?

僕としては、諸外国のやり方を見るのがいいと思います。

PCR検査をやめる国もありますし、行動規制を撤廃する国も出て来ています。

逆に、規制を強めている国もありますが、どちらが正解なのか?

そして、諸外国は、何を重要視しているのか?

感染者数なのか?

それとも、死者数や重症者数なのか?

なんだか、日本だけ、取り残されているような気がします。

そのうち、経済はボロボロになり、完全に世界の落ちこぼれになりそうな気がしてなりません・・・

ホントに、自分たちさえ良ければいいと考える政治家たちによって、日本は滅ぼされてしまうかもしれませんね。

もしかして、ディープ・ステイトなのかなぁ・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。