息子の多重債務の処理方法。悩んだ末の決断とは。

 

こんにちは。たかです。

先日、県外に住む息子の家に行き、借金総額を確認してきました。

もはや、どこにいくら借金があるのかさえ、把握できていない状況でした。

会いに行って、良かったと思っています。

2時間余り、督促状をかき集め、計算してみると、借金の総額は200万円になっていました。

約1年半余り、息子ひとりで、なんとか返済しようとしていたようですが、無理な状況です。

では、親として、どうするのが良いのか?

借金の肩代わりをするのか?

それとも、自己破産を念頭に入れた債務整理をするのか?

妻と二人で悩みました・・・

そして、僕らが出した結果は?

息子の状況

親が子供の借金の肩代わりをすることは、いちばん、簡単な方法です。

ですが、これをやってしまうと、子供は借金の怖さや痛みを感じません。

怖さや痛みを感じなければ、また、借金をしてしまうんです。

ですので、安易に子供の借金を払ってあげてはいけないと思っていました。

今回、息子に会いに行って、いろいろと今までの経緯について話をしました。

借金をしてしまってから、ダブルワークをはじめ、寝る時間を削って、お金を稼いでいたようです。

本人なりに、借金を返すための努力はやっていたようです。

生活費を抑えるために、家の中に、冷暖房設備はありませんでした。

食事も1日に2食程度で、少しやせている感じもしました。

そして、精神的にも、かなり疲れた感じにもなっていて・・・

『このままだと、もしかしたら、うつになるかもしれないな・・・』って感じるくらいでした。

ラストチャンスを与えよう

僕ら夫婦は、こう思いました。

・息子は、借金をしてしまったことを後悔している。

・そして、自分の考えの甘さから、借金生活に陥ったこともにも気がついている。

・息子なりに、精一杯、借金返済をしようと1年半は努力してみた。

・すぐに、親に泣きついてきたわけでは無さそうだ。

・十分に、借金生活の怖さや痛みを思い知ったんでないか?

以上の点から、もう、借金生活に逆戻りすることは無いだろうと考えました。

最終的には、息子にこう伝えました。

『すべての借金をゼロにして、再出発しよう』って。

今回に限り、全額、僕らの方で借金を支払うことにしました。

ホントにこれで良かったのか?

子供の借金を親が肩代わりする。

僕ら夫婦は、この方法を選んだわけです。

ですが、ホントに、これが、息子のためになるんだろうか?

今でも、自分たちが決断したことに、迷いがあります。

弁護さんからは、こう言われていました。

『肩代わりするなら、地獄まで付き合う覚悟でやらないといけない』って。

もしかしたら、今回、肩代わりすることで、僕ら夫婦は、地獄へ行くことになるかもしれません。

ですが、実際にボロボロになった子供を目の前にして、見放すようなことって、親としては、なかなかできないものですね・・・

ん~、甘いのかな?

お金のこと、子どもにきちんと教えられますか?

新品価格
¥1,430から
(2019/12/23 09:21時点)

最後に

今後、息子が立ち直ってくれることを祈るばかりです。

そして、我が家の生活も変えなければいけません。

200万円も我が家から無くなるわけですからね・・・

200万円って、僕ら夫婦の1年半くらいの生活費に相当するんです。

それでなくても、70歳で貯金が底をつく計算なのに・・・

これからは、月10万円生活しないといけませんね。

ちょっと、厳しくなってきたかな・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。