人生100年時代だなんてウソばっかり。自由な時間はそんなに長くない。

 

こんにちは。たかです。

最近、『人生100年時代』って言葉を、よく耳にするようになりました。

銀行とか、証券会社のテレビCMなんかで、よくやっています。

今日、仕事の関係で、病院に行ってきました。

この病院は、県内でも、規模も評判も、トップクラスです。

病院の事務課に用事があって、この病院に来たんですが、中が広すぎて、どこに何があるか分かりません。

20分くらい、病院の中をウロウロしておりました。

僕は、比較的健康なので、病院に来ることなんて、あまり、ありません。

だからでしょうか?

あることに気がつきました・・・

患者さんは70代ばっかり

いや~、患者さんは、山ほどいました。

受付のところから、外来の待合室まで、びっしりです。

椅子が足りなくて、補助のパイプ椅子まで、登場していましたよ。

こんだけ病人がいたら、医者は大変でしょうね。

看護師さんも、てんてこ舞いって感じでした。

50代・60代の患者さんもいましたが、圧倒的に高齢者ばかりです。

どちらかといえば、50代・60代の人は、付き添いの方が多いように思いました。

そこで、こう感じたんです。

自由な時間は短い

おそらく、70歳以上は、体の自由がききません。

釣りに生きたくても、旅行に行きたくても、自由に行くのは無理かもしれません。

そう考えると、僕は、あと、20年しか残ってないんです。

もし、定年まで働いていたら、残り10年ですよ。

『イヤな仕事なんか、やっている場合では無いんじゃないか!』って、思ってしまいました・・・

まあ、充実した仕事をされている方は、別ですけどね。


100歳まで生きるなんて無理

僕は、タバコも吸いますし、お酒もガンガン飲みます。

なので、100歳まで生きるなんて、考えられません。

おそらく、70歳くらいまでに、『ガン』が見つかるんじゃないかと思っています。

治療はやらない方針です・・・いまのところは。

100歳まで生きるために、働いて、お金を貯める。

その為に、イヤな仕事に、若い時代の時間を取られるのは、『まっぴら御免』です。

僕は、お金はありませんが、早めに、イヤな仕事から脱出して、正解だったかな?って思った次第です。

まあ、病院に来て、そんなこと考えているのは、僕くらいのもんでしょうね。

最後に

今、健康で生きていることに、感謝します。

正確に言えば、健康ではありませんが・・・右耳が聞こえませんからね。

ですが、美味しいものも食べれますし、お酒も飲めます。

釣りだって、行こうと思えば行けますし、旅行だって行けます。

ホントに、僕は、恵まれた環境です。

ですが、イヤな仕事に追われ、毎日、憂鬱な時間を過ごしているのは、もったいない。

そう、考えるようになりました。

これからは、明るく・楽しく・優しく・感謝して、1日1日を大切に、過ごしていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。