夫婦共働きで世帯年収1000万円あっても住宅ローンには注意が必要。

 

こんにちは。たかです。

今年の10月に消費税が10%になるようです。

中には、『今のうちに、家を買った方がいいかな?』なんて方も、いらっしゃるんじゃないでしょうか?

僕自身は、増税前に買った方がいいのか、後でも良いのか、判断尽きません。

ですが、夫婦共働きの場合、住宅ローンを組むときには、注意が必要だと思っています。

そんな中、こんな記事を目にしました。

『年収1000万家計崩壊の理由は”妻の妊娠”』です。

さて、どんな内容だったか?

世帯年収1000万円

登場するご夫婦は36歳の旦那さんと34さんの奥さまです。

夫婦共働きで、世帯年収として約1000万円のようです。

月給が約48万円、ボーナスが約190万円あるようです。

手取りで、約800万円弱ってところでしょうか?

夫婦2人で生活するのであれば、かなり余裕がありますね。

住宅を購入

このご夫婦ですが、『子どもができる前に準備しよう』という事で、なんと、5800万円の家を購入されます。

なかなか、思い切ったお買い物です。

しかも、頭金は、500万円です。

ですので、残りの5300万円は35年ローンを組まれたようです。

いかがですか?

みなさんなら、どうされますか?

ちなみに、月々の返済額は約11万7000円、ボーナス月は約16万4000円なんだそうです。

結構、厳しい金額ですね・・・

奥さまが妊娠

喜ばしいことに、家を購入した直後に、奥さまの妊娠がわかりました。

子供が出来たことは喜ばしいんですが、ローン返済に関しては、朗報とは言えません。

妊娠初期から体調を崩されたみたいで、休みがちになり、お給料が月に7万円減額になったようです。

減額になったとはいえ、ご夫婦で月に40万円は稼いでいますので、月の返済額を支払っても、何とか生きて行けそうです。

ですが、運悪く旦那さんのボーナスも減額になったらしく、190万円から100万円弱まで落ち込んだようです。

それでもまだ、ボーナス月に16万4000円を支払っても、何とかなります。

ところが・・・

毎月赤字の家計に

その後、このご夫婦に男の子が誕生したようです。

そうなると、奥さんが『産休』に入りますので、さらに、お給料が減ったみたいです。

まあ、仕方ありませんよね・・・

とはいえ、このご家庭の収支は、5万5000円の赤字。

毎月5万5000円の赤字となれば、年に66万円の赤字になります。

それをボーナス100万円で補充すると、残りは34万円です。

住宅ローンのボーナス月払いが、16万4000円ですから、ボーナスは全く残りませんね。

もう、破産寸前です。

最後に

最終的には、家計を見直して、無駄をなくしてローン返済にあてるようです。

共働きの場合は、どちらかが働けない状態になることを、想定しておかないといけませんね。

このご夫婦の場合、子供さんを作ろうとしていましたので、なおさらのことです。

今の年収に惑わされて、つい『家買っちゃう!』なんてことにならないよう、注意しないといけません。

もし、子供が『共働きなんで、5000万円くらいの家を買う!』って言い出したら、即座に、人のふりをしたいと思います。

これから、家を購入予定のかたは、十分ご検討ください。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。