旦那さんの年収が1000万円でも専業主婦はむり。都会はおそろしい・・・

 

こんにちは。たかです。

我が家は、子供たちが小学生になるまで、専業主婦でした。

妻は、結婚を機に、仕事を辞めてしまったので、仕方がありません。

パートだったら、そんなに収入は見込めませんから、働くよりは、子供たちと一緒にいたほうがいいと、判断したわけです。

なので、若いころは、僕のお給料だけで、生活していました。

当然、年収1000万円なんか、ありませんよね。

今だってないのに、若いころなんて、400万円も無かったと思います。

そんな中、こんな記事を読みました。

『「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声』です。

ちょっと、長いタイトルですが、主婦の方の声が書かれています。

都内だったら1000万でもキツいんじゃない?

これは、僕も、『同感』ですね。

都会になれば、生活費にお金がかかります。

僕が勤めている会社でも、東京なんかにいる方は、家賃だけも相当なもんです。

月の家賃が、20万円なんて人もいます。

会社が、一部負担してくれますが、手出しはかなりの額です。

一方、都会を離れれば、かなり安く家を借りることが出来ます。

岡山に住んでいた時は、一軒家で、家賃10万円でした。

庭付き・駐車場付きです。

教育費にいくらかけるか?

これも、都会に行くと、高くなるんじゃないでしょうか?

ほとんどの子は、塾に行っているでしょう。

しかも、その塾も、かなりの高額だったりして。

我が家は、2人とも、教育費はあまり、かかりませんでした。

塾には行っていましたが、1年で辞めましたし、大学にも行ってませんので、そういった面では、親孝行でしたね。

子供の得意とするところが勉強であれば、塾も大学も、大切でしょう。

しかしながら、勉強が嫌いであれば、そこまで、教育費にお金をつぎ込む必要は、無いように思います。

一方では、こんな声もあるみたいです。

400万あれば専業主婦できる

そうかもしれませんね。

だた、かなり、奥さんが頑張っているんだと思いますが・・・

生活水準を上げなければ、なんとか、旦那さんの稼ぎだけで、生きて行けそうです。

我が家も、僕が若いころは、このくらいで生活していましたからね。

ですが、専業主婦も、大変だと思います。

妻も、家事と子育てで、疲れ果ててましたから・・・

もっと、手伝ってやればよかったですね・・・反省です。

最後に

最近は、専業主婦をしたいって方は、多いんですかね?

僕が結婚した時は、専業主婦に憧れる方が、多かったように思います。

まあ、妻もその一人ですが・・・

今も、専業主婦です。

女性の社会進出が進んで、結婚する年齢が遅くなっています。

これは、仕方のない事です。

仕事をしたい女性は、仕事をすればいいと思います。

反面、仕事をしたくない女性は、早めに結婚すればいいですよね。

そっちの方が、旦那さんの稼ぎで生きていけますので、少しは、楽ができそうです。

仕事もしたくない、結婚もしたくない。

ん~、こういった方は、どうするんでしょうか?

まあ、僕が悩むことでは無さそうです。

人って、いろんな生き方で良いと思います。

僕も、明るく・楽しく・優しく・感謝して、ちょっと、人とは違う生き方を、やっていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。