旦那が無職なのはかっこ悪いらしい。アーリーリタイアが認知されるには時間がかかる

 

こんにちは。たかです。

昨日は、妻が友だちとランチに行っていました。

その友だちは、僕も良く知っている方です。

まだ、子供たちが小さかった頃は、家族付き合いをしていました。

キャンプに行ったり、バーベキューやったり、いろいろとお世話になりました。

妻が帰ってきてから、その友だちの近況を話してくれました。

残念ながら(?)、その方は離婚されたようで、今はひとりで子供たちを育てているようです。

大変ですよね。

母親だけで、子供を育てるなんて・・・

尊敬します。

そんな中、僕の話しにもなったそうです。

『旦那さん、まだ、単身赴任してるの?』って。

さて、妻は、どう答えたんでしょうか?

月に1回位くらい帰ってくるよ!

妻は、僕が会社を辞めた事を言わなかったみたいです。

ん~・・・

何でかな?

妻の気持ちも、なんとなく、分かる気もしますが・・・

勇気を出して、妻に聞いてみました。

『なんで、僕が会社を辞めたこと言わなかったの?』って。

そしたら・・・

説明するのが面倒くさい

妻は、こう言いました。

『旦那が、会社辞めたなんて言ったら、理由をきかれるでしょ?説明するのが面倒なんでね』って。

まあ、たしかに、僕が会社を辞めたって言ったら、その理由を聞いてきますよね。

『リストラされたの?』とか、『会社が潰れたの?』とか。

僕のメンタルがおかしくなったとか、説明したら、余計に面倒な話になりますから、妻も話すのがイヤだったんでしょう。

理解されない

こんな事も、言ってました。

『仮に、説明しても、理解されないからね。だって、旦那が会社を辞めることを認めるなんて、普通ありえないよ』だって。

なんか、僕が悪い事している様に聞こえるんですが・・・

でも、奥さん方からすれば、正直な気持ちかもしれませんね。

『よく、会社を辞めること許したね。生活困るんじゃない?』なんて、言われかねません。

まさか、『70歳まで、生きれるくらい、お金があるから辞めたの・・・』とも言えませんし・・・

『でも、70歳以降は、どうするの?』なんて、話にもなってしまいそうです。

やっぱり、説明するとややこしくなる。

かっこ悪いでしょ!

そして、最後に、妻からダメ押しの一言が・・・

『それと、旦那が無職なんて、かっこ悪いし・・・あっ、ごめんごめん、別にアタシはいいんだよ』って。

そうなんだ・・・

妻は、僕が無職であることを、かっこ悪いと思っているようです。

そりゃそうですよね。

昼間っから、ショッピングモールや図書館をふらついている旦那なんか、かっこ悪いですよね。

しゅん・・・

最後に

まだまだ、アーリーリタイアが認知されるには、時間がかかりそうです。

現役時代に資金を貯めて、早めに会社の仕事から脱出する。

そして、自分の時間を自由に使って生きていく。

僕は、素晴らしい生き方だと思います。(自画自賛・・・)

これからは、終身雇用がなくなり、能力が落ちてきた社員は、クビにされる時代です。

そんな日の為に、計画をたて準備をし、結果としてアーリーリタイアが出来る人は、かっこ悪いとは思わないんですがね。

さらに、会社員としてではなく、別の稼ぎ方が出来るようになれば、もっと、素晴らしい人生になるような気がしています。

ですが、こういった考え方が認知されるには、もう少し時間がかかるんでしょう。

今回の事で、妻につらい思いをさせているのが、よく分かりました。

1日でも早く、『旦那は、自営業で稼いでます!』って言えるようにならないといけませんね。

ですが、まだ、何にも前に進んでいませんが、大丈夫だろうか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。