僕は、我がままオヤジ。早期退職して無職生活を送っている僕が、いちばんイヤな事とは?

 

こんにちは。たかです。

僕は2019年3月末で会社を早期退職しました。

それ以降、ずっと、無職生活を続けております。

時々、ブログの読者の方から、こんな質問が来ます。

『毎日、何をやっているのか?』って。

僕の毎日は、単調です。

犬の散歩、ブログ作成、お昼寝、ネットニュースを見る・・・そんなものでしょうか?

特別、何かやっているわけではありません。

かといって、『暇だなぁ・・・』なんて感じることはありません。

なぜ、なんでしょうね?

自分にも分かりませんが、きっと、やりたい事をやっているからだと思います。

ところが、そんな僕にも、用事が出来ることがあるんです。

僕が最もイヤな事

たとえば、『母親を病院に連れていく』とか『妻に頼まれたものを買いに行く』とか。

別に、そんなに大変なことではありません。

母を病院に連れて行くのだって、車を運転して病院まで行くだけです。

そこで、母を降ろして、家に帰るわけですから。

どうってことありません。

でも・・・

これが、今、僕がいちばん、イヤなことなんです。

なぜ、イヤなのか?

時間を取られる

『火曜日は、母を病院に連れていかなければいけない』って思うと、ちょっと、ブルーになります。

その理由は、『時間に拘束されるから』です。

その時間は、僕は自由に出来ないんです。

しかも、僕の意志では、動いていないんです。

やることが決められているんです。

どうも、そういう時間を過ごすことに対して、気分が下がります。

母を病院に連れていくなんて、ほんの30分くらいなんですがね・・・

『決まった時間に、決まったことをさせられる』

こういったことは、僕には向いていないようです。

サラリーマン時代もそうだったかも

ですが、思い返してみると、サラリーマン時代も、同じことを感じていたのかもしれません。

営業に出るのは良いんですが、お客さんに『○○時に来てくれ!』みたいに、面談時間を決められるのは、ちょっとイヤでしたね。

その時間まで、スケジュールを合わせないといけませんから。

自由に時間が使えません。

お昼寝だって、思いっきりできませんしね・・・

それから、お客さんから、『○○の説明をしてくれ!』とか言われるのもイヤでした。

自分がやることを、相手から決められるのもイヤだったんです。

もし、それが、自分のやりたいことだったら、イヤでは無かったんですがね。

自分のやりたいこと以外のことをやらされるのは、かなり、イヤだったかな・・・

こう考えると、僕は、『単なる我がまま』なのかもしれません。

最後に

会社を辞め、仕事もせず、自分のやりたいことだけやっている。

僕は、『我がまま』なんでしょうね。

でも、『我がまま』でも良いんじゃないかな?

いまのところ、イヤイヤながら、母の病院の送り迎えもしますし、妻の命令にも従っております。

そして何よりも、子供を育て、親の借金を返し、生きていくだけの資産は貯めました。

僕としては、最低限の責任は、果たしたんじゃないかなぁ・・・って思っているんです。

だから、これからは『我がまま』に生きていきたいんです。

みなさんは、『我がまま』に生きていますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。