2020年前半3か月の生活費を計算してみた。どのくらいで生活できるのか?

 

こんにちは。たかです。

僕は2019年3月末で会社を早期退職しました。

その後は、無職生活を送っています。

昨年は、会社を辞めたばかりだったので、生活費も変動が大きかったと思います。

今年に入って、かなり、生活費も安定してきたと思いますので、2020年の前半3か月の生活費を整理してみたいと思います。

そうすれば、2020年の必要経費が、なんとなくですが、分かるような気がします。

前半3か月の生活費

2020年の1月~3月までの生活費は、こんな感じです。

ちなみに、( )内は、月平均を表しています。

・食費:98,556円(32,852円)

・外食:5,913円(1,971円)

・生活雑貨:59,273円(19,757円)

・被服費:21,063円(7,021円)

・娯楽費:20,826円(6,942円)

・医療費:4,863円(1,621円)

・交通費:7,090円(2,363円)

・通信費:41,677円(13,892円)

・慶弔費:29,650円(9,883円)

・その他:128,506円(42,835円)

・光熱費:66,069円(22,023円)

・帰省費:26,677円(8,892円)

・ガソリン代:21,779円(7,259円)

・合計:531,942円(177,314円)

前半3か月で、約53万円も使っていますね・・・

月平均にすると、約18万円弱ってところです。

僕のライフプランでは、月15万円以内で生活することになっていますので、若干、オーバー気味であります。

原因は、1月に購入したガスコンロです。

約10万円ほどしましたので・・・

もし、これが無ければ、3か月で43万円で生活できていました。

月平均にすれば、約14万くらいになります。

でも、想定外の出費も、考えておかないといけませんよね。

2020年はこのくらいかかる?

想定外のガスコンロの出費を除けば、3か月で43万円で生活しています。

ってことは、年間では、43万円×4倍=172万円で生活出来るかもしれません。

予備費として、30万円加えたとしても、200万円で何とかなるかもしれませんね。

ん~、このくらいなら、まだ、何とかなると思うんですが・・・

収入は考えてない

実は、僕のライフプランでは、収入は考えていません。

なぜか?

それは、いつでも、妻がアルバイトをやめても良いようにするためです。

仮に、今後10年間、妻のアルバイト代をライフプランの中に入れ込んでしまうと、妻は仕事を辞めることが出来ません。

自分は働いてないのに、妻には、『仕事辞めるな!』なんて言えませんからね。

なので、いつ辞めても良いように、収入はゼロとして、プランを作っているんです。

当然ですが、僕のブログ収入や株の配当金も入れていません。

ちなみに、我が家のすべての収入は、年間で約90万円くらいあると思います。

なので、実質、200万円ー90万円=110万円が、リタイア資金から減っていくと思われます。

40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた

新品価格
¥330から
(2020/4/7 11:43時点)

最後に

もう少し、絞れたらいいんですがね・・・

でも、これ以上、妻に『節約してね!』なんか言えません。

あまり言いすぎると、ストレスをかけてしまいますから。

そうなると、妻のご機嫌が悪くなって、生活しづらくなりますから・・・

それに、『あんたが、働いてくればいいやろ!』なんて言われかねませんし。

出来る限り、節約しながら、静かに生きていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。