スイングトレードのマイルールを決めました。

 

こんにちは。たかです。

年末年始、ずっと、株のチャートを見ながら生活をしておりました。

相変わらず、暇人ですよね・・・

なぜ、そんなことをしていたかというと、2021年度のマイルールを策定するためです。

2020年は、なんとか黒字で終わりましたが、収益が安定しませんでした。

要するに、投資方法がダメなんですよね。

ってことで、新しい投資ルールを作ったわけです。

今日は、年末年始に考えた、スイングトレードのマイルールについて書いてみたいと思います。

エントリーポイント

まずは、どこでエントリーするか?

チャート的には、こんなところです。

黄色の線:20日移動平均線

赤色の線:5日移動平均線

紫色の点線:ボリンジャバンド±1σ

青色の点線:ボリンジャーバンド±2σ

 

エントリーポイントを言葉で表現すると、こんな感じになります。

5日移動平均線が20日移動平均線を上抜き上昇する。

その後、一旦、下落する。

その時、20日移動平均線を下抜けせず、再び上昇する。

そして、直近高値をブレイクした直後のローソク足が、ボリンジャーバンドの+2σにタッチしたらエントリーする。

ん・・・分かりにくいですね。

要するに、『ブレイクアウト手法』なわけです。

ですが、ただ、ブレイクアウトするのではなく、ボリンジャーバンドの2σラインにタッチすることが条件になります。

ボリンジャーバンドの2σラインにタッチすると、その後、バンドウォークして、どんどん株価が上がりますからね。

バンドウォークとは、ボリンジャーバンドの±2σラインに沿って、ローソク足が上昇あるいは下降する現象のことです。

ただし、100%バンドウォークするわけじゃありませんが・・・

損切りライン

では、どこで損切りをするのか?

いろいろ迷ったんですが、こうすることにしました。

5日移動平均線が、20日移動平均線を下回った時。

ですが・・・

こうなると、かなりの損失が発生します。

でも、仕方ないですかね。

多くの場合、20日移動平均線ではじかれることが多いですから、損切りになるケースは、あまり無いんじゃないかと想定しています。

利益確定は?

もっとも迷ったのが、『利益確定をどこでやるか?』ってことです。

まあ、状況を判断しながら、やればいいんですがね。

でも、今回は、とりあえず、大まかに利益確定ポイントを作ってみました。

チャート的には、ここです。

かなり分かりにくいですが・・・

言葉で表現すると、こうなります。

『ボリンジャーバンドの+2σラインの内側に入った時』です。

よーく見てみると、利益確定する前のローソク足は、ボリンジャーバンドの+2σラインの外側にはみ出しています。

このような時は、株価が上昇するパワーがあるように思います。

ですが、そのパワーが落ちてくると、+2σラインの内側に入ってくるんです。

そして、その後、だんだんと株価が落ちていきます。

もちろん、株価が上がっていくこともあるんですがね。

まあ、僕の場合、ある程度利益が取れれば、それで満足ですので、この辺で利益確定したいと思います。

バンドウォークしなかったら?

当然ですが、ボリンジャーバンドの+2σラインにタッチしたからといって、バンドウォークするわけじゃありません。

こんな風になることもあります。

ボリンジャーバンドの+2σラインにタッチするんですが、その後、2日連続で陰線を出し、株価が下がっています。

さて、こんな時はどうするのか?

こう言った時は、損切りを覚悟します。

このチャートの場合、2日連続で陰線を出した後、陽線が3日連続します。

すると、買った時の株価よりも高くなり、利益を出すことが出来ます。

この利益が出た時に、手仕舞いすればいいわけです。

運悪く、このまま、ズルズルと落ちて行ったとしたら、どうするか?

そうなったら、仕方ありません。

5日移動平均線が、20日移動平均線を下回ったところで、損切りをする事になります。

最後に

明日から、こんな感じでトレードしてみようかと思っています。

まだ、やったことありませんから、どうなるか分かりません。

時々、このブログの中で、途中経過をご報告したいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。