老後は2000万円もいらない。500万円あればいいらしい。ホントか?

 

こんにちは。たかです。

昨年でしたでしょうか?

金融庁から、『老後は、年金だけでは、2000万円足りませんよ!』っていう報告書が出されました。

まあ、慌てた人も多かったと思います。

でも、よーく考えてみれば、そんなの人それぞれですよね?

だって、年金額も違うし、生活費も違う。

『一律に、2000万円必要だ!』っていうのは、マスコミも騒ぎすぎたかもしれません。

ところが、今度は逆に、『老後は500万円あればいい』と言っている方がいるようなんです。

さて、その根拠とは?

貯金の切り崩しは1万円?

『高齢者の貯蓄と資産の実態:「全国消費実態調査」の個票による分析』によれば、こんなことが書かれているそうです。

『無職の高齢夫婦世帯の貯金の取り崩し額は、約1万に過ぎない』って。

ちなみに、無職高齢の単身男性世帯の取り崩し額は、4500円。

無職高齢の単身女性世帯の取り崩し額は、2万1400円なんだそうです。

無職の高齢者全体では、1万3700円を切り崩しているそうなんです。

なので、年間では、1万3700円×12か月=約16万5000円になります。

30年間では、約500万円になるんですね。

なので、『老後は500万円あればいい!』と言っているんだと思います。

なぜ金融庁とちがうのか?

では、なぜ、金融庁の報告では、『老後は2000万円が必要!』ってことになったのか?

この報告の中には、こう書かれているそうです。

『金融庁の報告は、かなりの割合で「年金収入の記入漏れ、記入忘れ」がある』

『実際には、95%を超える高齢者が年金を受給しているのに、受給額を記入しているのは約75%』

『つまり、約20%が年金収入があるのに「無収入世帯」とカウントされているため、収入が実態よりも過少に算出されてしまっている』だって。

では、金融庁の報告書では、年金はいくらもらっているのか?

なんと、社会保障給付金は19万1880円になっています。

でも、ホントは、もっともらっているってことなのか?

いずれにしてもどうでもいい

では、自分のねんきん定期便を見てみました。

そしたら、月の社会保障給付金なんか、10万円くらいです。

今の高齢者みたいに、年金をもらえるわけではありません。

しかも、さらに年金額は下がるかもしれません。

ってことは、500万円では暮らせないってことになります。

なので、なんの参考にもならないってことです。

最後に

必要な老後資金を知るために、いちばん簡単な方法は、これです。

『年金だけで生活出来ますか?』

『出来ないのなら、いくら足りませんか?』

これが分かればいいんです。

年金だけで足りるのであれば、理論上、貯金は必要ありません。

でも、それでは不安になりますから、ちょっと貯金があればいいんじゃないですかね?

月に5万円足りなければ、5万円×12か月×(死ぬ年齢ーリタイアの年齢)で計算できます。

もし、これが面倒な方には、もっと簡単な方法があります。

それはですね・・・

年金の範囲内で生活できるようになることです。

そうすれば、老後資金は、あまり考えなくていいですからね。

僕は、この方法で、生きていこうと思っています。

でも、なかなか難しいですけどね。

みなさんは、老後資金(リタイア資金)は、いくら貯めようと思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。