70歳まで就業可能にしても意味ないと思う。新入社員は48年も働くの?

 

こんにちは。たかです。

どうやら、ホントに、70歳まで働けるように、制度を変えていくみたいですね。

現在は、65歳まで継続雇用されますが、それが、70歳まで延長されるということです。

ですが、これって、意味あるんですかね?

もし、『社員が全員70歳まで働きたい!』って言ったら、経営者は雇うんでしょうか?

そんなことしてたら、人件費はとんでもない事になりませんかね。

高齢者にお金を払うのと、若い人にお金を払うのと、どちらを選択するでしょうか?

僕なら、未来のある若い人に投資しますね。

実際に、僕の知っている会社では、こんなことが起こっています。

55歳から給料減額

僕の友人が勤めている会社のことです。

その会社は、54歳の時に、65歳まで働くかどうか、会社に申請するそうです。

ほとんどの場合、許可されるそうなんですが、問題はお給料なんです。

仮に、年収600万円なら、60歳以降の年収は、約半分になるようなんです。

ってことは、60歳~65歳までは、年収300万円ってことになります

ところが、55歳から59歳の5年間の年収は、60歳からもらう年収分を減額されるんだそうです。

要するに、55歳~59歳の間に減らした分を、60歳~64歳の間に支払うってことです。

ですので、たとえ65歳まで働いたとしても、貰うお給料の総額は変わらないんです。

だれが、そんなところで、65歳まで働こうとしますかね。

しませんよね。

それが、会社の狙いなんです。

会社の本音は、高齢者には、やめてほしいんです。

でも、会社としては、ちゃんと、国の方針には従って、継続雇用制度は準備しているんです。

70歳になればどうなるか?

それでは、継続雇用が70歳になったら、どうなるんでしょうね。

おそらく、50歳からお給料が減額され、その分を60歳~70歳の間にもらうんじゃないでしょうか?

50歳と言えば、子供が大学なんかに行って、大変な時期です。

そんな時に、年収が減額になんかなったら、生活出来ませんよ。

たとえ、60歳以降にお金が入ってきても、間に合いません。

国の考えは、ちょっと、甘いような気がしますね。

もし、新入社員だったら・・・

みなさんが、新入社員だったら、この先に明るい未来があると思いますか?

あと48年間も働くんですよ。

どうしますか?

僕だったら、働かなくていいように、お金を貯めると思いますね。

そんな若者が増えたら、どうなるでしょうか?

結婚しますか?

子供作りますか?

そんなリスキーなことはしませんよね、普通は。

そうなれば、どんどん、人は減っていきます。

独身で、お金を貯めて、投資などでお金を増やして、少しでも早く、自由になろうと思いませんか?

そんなことしてたら、お金は循環しませんから、景気も良くなりませんよね。

働かない働き方。

新品価格
¥1,650から
(2019/12/17 17:59時点)

最後に

若い人が入ってくるような企業は、絶対に、再雇用などするはずありません。

余程、ずば抜けた才能や人脈があれば、別でしょうがね。

そんな人は、ほとんどいません。

ってことは、若い人が集まりにくい会社に、高齢社員が働きに行くことになるでしょう。

ん~、人手不足解消のためには、いいかもしれませんがね。

でも、そういった会社は即戦力じゃないとダメですから、大企業の社員は、使いものにならないでしょう。

これからは、大企業にお勤めの方は、苦労されるかもしれません。

もう、いっそのこと、働くのやめて、リタイア生活の方がいいかもしれませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。