生命保険で資産形成するのは良くないと思う。その理由は?

 

こんにちは。たかです。

子供の学費や老後資金を、生命保険会社の終身保険を使って、貯めている方がいると思います。

銀行に預けていても利息が増えるわけでは無いので、終身保険の方が良いっていう考え方もあります。

僕も、終身保険を使ってお金を貯めていましたので。

ですが、すべての資産形成を終身保険に頼るのは、ちょっと、良くないかもしれません。

今日、こんな記事を見ました。

『32歳貯金50万円。保険で貯蓄をしてますが、今後が不安』です。

どうやら、生命保険で貯金しているようなんですが、不安を感じているようです。

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん32歳、奥さま20代、2歳と0歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが25万円、副業で1万円です。

合わせれば、月に26万円の収入があります。

ボーナスは、年間で65万円あるそうです。

ちなみに、貯金は50万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・住宅コスト:3000円

・自動車ローン:2万5000円

・車両費:1万5000円

・こづかい:2万円

・食費:4万5000円

・通信費:4000円

・光熱費:2万円

・雑費:4万4000円

・保険料:9万4000円

合計すると、27万円になります。

月の収入は26万円ですから、27万円-26万円=1万円の赤字になります。

年間では、1万円×12か月=12万円の赤字になります。

ボーナスからは、貯金することが出来ていません。

ただし、児童手当が月に3万円ありますので、これで赤字を補填しているみたいです。

ん・・・児童手当は、子供の学費のために貯金したほうがいいと思うんですがね。

生命保険の中身は?

このご家庭は、月に9万4000円の保険料を支払っています。

年間では、約113万円になります。

かなりのお金ですよね・・・

その中身は、こんな感じです。

・夫:医療保険 保険料3000円

・妻:医療保険 保険料6000円

・長男:学資保険 保険料1万5000円

・ 夫:終身保険A 保険料1万円

・夫:終身保険B 保険料2万8000円

・夫:終身保険C 保険料2万6000円

・夫:終身保険D 保険料6000円

医療保険以外は、すべて貯蓄型の保険です。

なので、解約すればお金が戻って来るわけですね。

終身保険に加入しておけば、死亡した時や高度障害になった時に、保障金を受け取れます。

しかも、解約すればお金が戻ってきますので、銀行預金よりはいいかもしれません。

ですが・・・

このご家庭の場合、問題があります。

貯金が少ない

その問題とは、『貯金が少ない』ってことです。

いざ、お金が必要になった時、50万円しかありません。

それ以上のお金が必要にあった場合、どうすればいいでしょうか?

生命保険を解約するか、お金を借りるしかありません。

途中解約してしまえば、支払ったお金よりも少ない金額しか戻ってきません。

それでは、今までの支払いが無駄になってしまいますよね。

なので、このご家庭は、ちょっと生命保険に加入しすぎているような気がするんです。

あと数年で、お子さんの教育費がかかるようになります。

すると、保険料の支払いも出来なくなるかもしれません。

最後に

生命保険は、保険でしかありません。

死亡した時など、残された家族のために加入するものです。

お金を貯めるものではありません。

これは、保険会社の人も言っています。

中には、『保険料の掛け捨てはもったいない!』って方もいると思います。

そういう方は、貯蓄型に加入すればいいわけです。

でも、これに加入できる人は、ある程度収入があり、貯金がある人だと思います。

貯蓄型の場合、保険料も高くなりますので、家計を圧迫します。

出来ることなら、掛け捨てにして、少ない支払いで保障を確保したほうがいいと思います。

なんだか、偉そうなこと言ってますが、これって、保険会社の方に教えてもらったことです。

最小のお金で、最低限の保障を持っておく。

これが、ポイントなんだそうです。

なので、我が家のように、子供が大きくなったら、生命保険は必要ないんです。

みなさんも、無駄な生命保険に加入してませんか?

一度、じっくり見直した方が良いかもです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。