息子の借金を確認してきた。ひとりでは再生不可能だった・・・

 

こんにちは。たかです。

先日、息子から、『借金があるので助けてほしい!』とSOSの電話がありました。

突然のことで、ビックリしてしまいましたね・・・

でも、いったい、いくらの借金を抱えているのか?

それを確認する為に、妻と一緒に、息子の家に行ってきました。

現在、息子は実家から離れ、県外に住んでいます。

息子の家に行くだけでも、想定外の出費になってしまいましたね。

でも、仕方がないです。

さて、どのくらいの借金を抱えていたのか?

現状把握が出来てない

本人に確認したところ、『サラ金からは、100万円くらい借金が残っていると思う。その他は、分からない・・・』だって。

もう、あちこちに借金が出来ているようで、総額いくらの借金をかかえているか、自分でも分かってない様子でした。

借金をかかえると、こうなってしまうんですね・・・

そこで、息子の家に行って、督促状をかき集めました。

出てくる、出てくる・・・

ア〇ム、レ〇ク、プ〇ミ〇、クレジットカードなどなど。

その他にも、会社の上司や友人からも、お金を借りていたようです。

それらを、ひとつひとつ確認しながら、計算していきました。

総額はいくらだったのか?

総額を割り出すのに、約2時間くらいかかりましたかね・・・

なんと、出てきた借金の総額は、約200万円でした。

もしかしたら、まだ、あるかもしれませんが・・・

息子なりに、出来る限り、消費者金融の分は、優先的に返していたようです。

ですので、ア〇ム、レ〇ク、プ〇ミ〇に関しては、少しだけですが、減っていました。

ですが、消費者金融にお金を返すと、生活費が足りなくなります。

ですので、クレジットカード、会社の上司や友人にお金を借りていたようです。

どうやら、こんなことを繰り返していたみたいですね。

ハッキリ言えば、自分で返済して再生するのは、無理だと感じました。

そもそもなぜ借金を?

いったい、いくら借入をしたのか?

その理由は何なのか?

改めて、息子に確認をしてみました。

約1年半前に、150万円を借入したそうです。

ア〇ム、レ〇ク、プ〇ミ〇から、各50万円ずつのようです。

借入した理由は、『友達の借金の肩代わりをしたから』らしい。

軽い感じで、消費者金融からお金を借りたんでしょうね・・・

まあ、僕の感覚すれば、信じられない理由なんですが。

この1年半、返済のために、ダブルワークをして、必死に返そうとしたようです。

ですが、精神的にまいってしまったようで、SOSを出してきたようなんです。

息子曰く、『もう、どうにもならない・・・』って。

そりゃそうですよね。

ダブルワークをして、寝る時間も、ほとんど無いような生活をしていたようなんです。

お金の失敗は必ずやり直せる! ― 自己破産者が教える借金生活を変える法

新品価格
¥1,980から
(2019/12/22 18:50時点)

これからどうするか?

現状を確認し、息子と話をしました。

息子の口から出てきたのは、『オレの考えが甘かった。すぐに返せると思ったけど・・・』って。

最初は、順調に返していたようなんですが、突発的な出費がある度に、消費者金融の返済が遅れ、どんどん返済額が増えていったようです。

僕としては、かなり、反省をしているんだと感じました。

それは、妻も同じだったようです。

自分が作った借金ですが、1年半は、なんとか返済しようと努力?はしていたようです。

普通、ここで親が手助けをしてしまうと、子供は甘えてしまう。

そして、また借金を繰り返す。

これが、一般的な考え方だと思います。

僕もそう思うんです。

では、どうするか?

助けるのか?

自己破産させるのか?

悩ましいところです。

妻と二人で、考え込んでしまいました・・・

最終的に『どういった決断をしたか?』に関しては、次回、書いてみたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。