親の介護費用は考えないといけないな・・・こんな風にはなってはいけない。

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で会社を早期退職しました。

サラリーマン時代に貯めたお金と公的年金、生命保険の解約金で生きていく予定なんです。

ですが、その計画の中には、『介護費用』は含まれていません。

介護費用と言っても、『自分の介護』ではありません。

親の介護です。

中には、こう言われる方もいるかもしれません。

『親の介護費用は、親のお金でやるべき!』って。

たしかに、そのとおりだと思います。

でも、親がお金を持っていない時は、どうしたらいいんでしょうか?

今日、こんな記事を見ました。

『年金30万円の父が「老人ホームの請求額」に絶句。死を望み…』です。

さて、どんな内容なのか?

登場する方は?

80歳の男性です。

3歳年下の奥さまと3人のお子さんがいらっしゃいます。

60歳で定年され、その時の資産は、約7000万円ほどあったそうです。

このくらいあれば、老後は余裕でしょう。

しかも、年金は夫婦で月に30万円。

我が家だったら、貯金が1円も減らないかもしれませんね・・・

ところが、この男性は、大都市の中心部で交通の便のよい街に移り住みます。

なんと、購入した家は、3LDKの新築マンションです。

お値段、約4000万円・・・

まあ、貯金は7000万円ありますから、まだ、3000万円残っています。

年金も月に30万円ありますから、なんとかなると思ったんでしょう。

でも、そんな立派な家、老後の夫婦に必要なのかな?

介護の始まり

ところが、新居に移った数年後に、奥さまが認知症を発症します。

ここから、介護がはじまるわけです。

ですが、男性が介護をするのって、難しいですよね・・・

ってことで、奥さまを介護施設に入れることにします。

しかし、安い介護施設は入居待ちです・・・

仕方なく、民間の老人ホームに入れることになります。

でも・・・そのお値段がすごい。

一時入居金が2000万円、月の使用料は17万円です。

貯金は3000万円残っていましたので、一時金を払うと、残りは1000万円です。

月の使用料は17万円ですが、おむつ代や医療費など入れると、20万円くらいかかるでしょう。

月の年金は30万円ですから、この男性が使えるお金は、月に10万円くらいしか残りません。

マンションの管理費・修繕費などを払っていくと、月10万円では生活できないでしょうね・・・

結局、この男性は、貯金が底をつき、消費者金融からお金を借り、自殺を考えるまで追い詰められたようです。

介護がなければ・・・

もし、奥さまの介護がなければ、このようにはなっていなかったでしょう。

月30万円あれば、夫婦2人なら生活出来ますからね。

ですが、この男性の最大の間違いは、奥さまを、民間老人ホームに入居させたことかもしれません。

一時金2000万円、毎月20万円・・・

そんな額を負担すれば、借金生活になるのは目に見えています。

では、どうすればよかったのか・・・

僕にもよく分かりませんが、やはり、公的機関に相談することですかね。

まずは、『地域包括支援センター』に聞いてみることでしょうか。

実際に、介護をやったことがないので分かりませんが、親のお金で出来る範囲内で介護をするしかないんでしょうかね・・・

親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版

新品価格
¥1,540から
(2020/6/15 09:49時点)

最後に

僕の母の月の年金額は、約10万円なんだそうです。

つい先日、介護をされていた方に、こう聞いてみました。

『親の年金だけで、介護費用って賄えますかね?』

『ちなみに、月10万円くらいなんですけど・・・』って。

そしたら、こう返ってきました。

『たぶん、10万円だと厳しいと思うよ』

『安い施設もあるけど、なかなか入れないし』

『結局、子供が負担するしかないんよね・・・』だって。

ん~、この額だと、かなり、きびしいみたい・・・

ですが、僕も無職でお金はありません。

さて、どうしたものか?

今のうちから、準備をしておかないといけませんね・・・

息子は不安定だし、娘は学費がかかる。

親には介護費用・・・

なかなか、経済的に落ち着きませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。