東京都のコロナ治療について調べてみた。まだ、ベッド空いてるけど・・・

 

こんにちは。たかです。

昨日の新規コロナ感染者数は、全国で23,918人だったそうです。

正確に言えば、PCR陽性者数なんですがね。

東京では、自宅療養の方が亡くなったりしているようです・・・

ホントに、気の毒ですね。

そこで、東京都のコロナ治療がどうなっているのか、調べてみました。

ちょっとだけ、僕の感想も含めて書いてみたいと思います。

検査陽性者数と死亡者数

東京都が出している『都内の最新感染動向』をデータをもとに、書いていきます。

◉累計検査陽性者数:291,857 人
◉死亡者数:2,354 

このデータからすると、死亡率は約0.8%ってことになります。

おそらく。季節性のインフルエンザの死亡率よりは高いと思いますが、そこまで恐れるものではないのかもしれません。

しかし、しっかり治療をしないと、100人に1人は死んでしまうかもしれないわけです。

では、治療はどうなっているんでしょうか?

受入態勢

現在の検査陽性者の方の状況を書いてみます。

◉入院:3,815 人
◉宿泊療養:1,807 人
◉自宅療養:22,226 人
◉入院・療養等調整中:12,349 人

こんな感じです。

おそらく、『入院・療養等調整中』と言った方は、本来はすぐに入院したほうがいい人が含まれているかも・・・

こういった方が、入院できずに亡くなってしまうのかもしれません。

一方、病床数はどうなっているんでしょうか?

◉確保病床:5,967 床
◉入院患者数:3,815 人

あれ?

5,967床ー3,815人=2,152床くらい、空いているんじゃないですかね?

なんだか、不思議ですよね・・・

さらに・・

◉重症者用確保病床:392 床
◉重症患者数:275 人

こんな感じです。

ん~、空いているなら、入れてあげればいいのに。

こんなことを考えるのは、素人考えなんですかね。

最後に

病床は空いているのに、人は入れない。

これでは、意味ありませんよね。

原因は何なのか?

人手不足なのか?

それとも機材不足なのか?

ひとつひとつ改善してほしいものです。

しかし、東京都のデータを見ていると、死者数はホントに少なくなっています。

ワクチンのおかげなのか?

医療のおかげなのか?

あるいは、デルタ株だからなのか?

このあたりも、しっかり検討してほしいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。