会社を辞めておいて正解だった・・・降格してリストラ。上乗せ退職金無し。

 

こんにちは。たかです。

先日、勤めていた会社の同僚から連絡ありました。

『たかさん、出張で福岡に行きますので、食事にでも行きませんか?』って。

ちょっと、コロナが気になりましたが、2人だけなので大丈夫だろうと思い、食事に行ってきました。

約1年半ぶりに会ったんですが、すぐにサラリーマン時代に戻ることが出来ました。

でも・・・

取り扱っていた商品名とか、すぐに思い出すことが出来なくて・・・

もう、ダメですね・・・

降格人事が乱発

僕は、会社が発令した『早期退職優遇制度』を利用して、会社を辞めました。

その時、かなりの数の社員が退職したんですが、それでも、会社としては物足りなかったみたいです。

もっと、社員のクビきりをしたかったみたいなんです。

そこで、会社は何をやり始めたか?

元同僚の話しによれば、『降格人事』なんだそうです。

ターゲットは、50歳以上のおっさん社員・・・

しかも、2階級降格なんて、バンバンあるみたいでした。

もっともはげしい降格は、『新入社員と同格』なんてこともあるみたい。

なので、50歳のおっさんが、新入社員並みのお給料になるわけです。

そんなことされたら、生活なんか出来ませんよね・・・

退職金に上乗せなし

以前は、降格になって退職する場合、退職金に上乗せ金がありました。

といっても、たいした額じゃないんですがね。

でも、現在では、その上乗せ金も『ゼロ』なんだそうです。

50歳以上の社員をターゲットにして、バンバン降格させ、会社をやめさせようとしているんですね。

しかも、退職金に上乗せ金は無しで・・・

いや~、ひどい会社になったものです。

ベストタイミングだった

元同僚曰く、『たかさんが辞めた時が、いちばん良かったですよ!』だって。

再度、『早期退職優遇制度』が出るらしいんですが、退職金の上乗せ金は、ほとんど無いに近いようです。

会社の業績も悪くなっているようなので、お金を出すことも出来ないんでしょうね・・・

ホントに、あの時辞めてよかったと思いました。

すると、元同僚が、こんなことを言ってきたんです。

『僕は、今、ホントに後悔しています』

『たかさんと一緒に、あの時、会社を辞めておけば良かったって思っています』って。

今、会社を辞めても、お金はもらえませんからね・・・

後悔先に立たずです。

最後に

僕は、会社を辞めるかどうか判断する時、自分にこう問いかけました。

『会社を辞めなかった事に後悔するか?』それとも、『会社を辞めたことに後悔するか?』

どちらの可能性が高いか?って。

僕の場合、『会社を辞めたことに後悔する』ことは、まず、ありえないと思いました。

もし後悔するとすれば、それは、『お金に困る時』だと思ったんです。

でも、僕が作ったライフプランシートによれば、あと10年くらいは大丈夫なはず。

なので、『会社を辞めたことを後悔することはない!』と思ったんです。

逆に、『会社を辞めなかった事を後悔する』ことは、頻繁に発生すると思いました。

だって、会社で仕事をすることが、ずっと、つらかったわけですからね。

それが、その先も続いていくわけです。

後悔しない訳がありません。

こうやって、僕は、会社を辞めることを決断したわけです。

このことを元同僚に話したら、『あ~、早めに知りたかった・・・』って言っていました。

ですが、何が正解なのかは、後にならないと分かりません。

いまのところは、僕の早期退職は正解だったと判断しています。

この先も、穏やかな生活を送ることが出来ればいいんですがね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。