昨年から年賀状を出すのをやめた。そのメリットとデメリットは?

 

こんにちは。たかです。

昨年から、年賀状を出すのをやめました。

2018年(昨年)の12月時点では、既に、退職することを決めていたんです。

なので、この退職を機に、年賀状もやめてしまおうと思っていました。

まだ、昨年の年末は在職中だったんですが、『もう、いっか?』って思っていたわけです。

ついでに、妻も年賀状をやめてしまいました・・・

まあ、妻は、そんなに多くの人に出していなかったので、LINEで『今年から年賀状やめます!』って連絡していたようです。

いい方法かもしれませんね。

当然ながら、今年も書きません。

年賀状をやめると、メリット多いですよ。

年賀状をやめたメリット

すぐに思いつくのは、『はがき代』ですね。

我が家では、約1万円以上、購入していました。

その9割は、僕が使っていたんですけどね。

年賀状をやめることで、約1万円の経費削減が出来たわけです。

買いに行く労力も無くすことが出来ます。

さらに、毎回、カラープリンターのインクが無くなるんです。

このインク代が高い。

だいたい、4000円~5000円くらいかかっていました。

印刷中にインク切れになると、ホントに、頭に来ますからね。

精神衛生上も良くありません。

年賀状をやめたことで、はがき代とインク代で、約1万5000円は節約できています。

そして、なんといっても、『時間を取られない!』ってことです。

カラープリンターで印刷しているといっても、数時間は要していました。

住所が変更になっていないかどうか調べたり、人によっては、裏面にコメントを入れたりしてましたからね。

心のこもっていないコメントなんですが・・・

年賀状を出さなくなって、お金と時間の節約が出来たのは、大きなメリットです。

年賀状をやめたデメリット

ん~・・・

ん~・・・

これといって、ありません。

年賀状を出さなかったからといって、同僚から、嫌味を言われたこともありませんし・・・

心の中では、『たかのやつめ、年賀状くらい出せよ!』って思っているかもしれませんがね。

ですが、その後の生活に、支障が出たことはありません。

今年に至っては、同僚と会うこともありませんし、まったく、出さなくてもいいと思っています。

その代わりに、仲の良かった同僚には、LINEを送ろうと思っています。

これだったら、お金も時間もかかりませんからね。

最後に

年賀はがきの発行枚数は、2003年がピークだったみたいです。

その数、なんと、44億5936万枚だったそうです。

すごい数ですね・・・いくらになるんだろうか?

そして、2019年は、23億5000枚なんだそうです。

ピーク時の約半分くらいになっています。

ちなみに、ひとり当たりの枚数は、2003年では34.9枚だったそうです。

それが、2019年には18.6枚なんだそうです。

最近では、個人情報の問題で、社内でも社員の住所録がなくなりました。

年賀状を出そう思えば、本人に、住所を教えてもらわないといけません。

そんな面倒なことする人、いませんよね・・・

さらには、僕みたいに、LINEで済ませる人も多いでしょうし。

だんだん、年賀状も減っていくことでしょう。

これも、時代の流れでしょうかね。

『年賀状を書くのが面倒くさいなぁ・・・』って方は、思い切って、断捨離してみてはいかがですか?

意外と、大丈夫だと思いますよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。